METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums Travel

20180616 #STDRUMS Recording day1 at Hermitage Works Studios. The Garratt Tavern. London.UK.

投稿日:2018年6月17日 更新日:

8時に起床。
爽やかな朝だ。
…と言いたいところだが、
昨夜Javiと共にバスキングに行ったジェイコブ。
深夜に寝ているゲストルームに入ってきて、
何故か扉を開けたりなんだり。
いいよ。ゲストルームだし。お互いの状況があるのは仕方ない。
しかしだな。今日はレコーディングなんだよ…。
ろくに寝られずこの日を迎えた。

Victoria駅から北上しManor House駅へ。
ZONE2と3の間で、落ち着いた街並。
少し外れのロンドンは大概空がいい。
組み込んだ曲の確認をしながらなのでそれどころでもないのだが…。
振り返るとこの道中が最もナーバスになっていたな…。

15分ほど歩いて所定の位置にいるとNathanが迎えに来てくれた。
ご存知の方はそう、UNDERGROOVELANDのDr/Voである。
彼はいま、ここHermitage Works Studiosに住み込みでエンジニアを目指している。
ロンドンでのレコーディングを提案したのも彼がいたからに他ならない。

初めてのロンドン・レコーディングスタジオで出迎えてくれたのは
Ludwig 70’s Vistalite…!
倉庫にあったのを最近思い出した(発見した?)のだそうだ。
フルキットでのレコーディングは初めてとのこと。
更にスネアは現行402。シンバルはPaiste 2002…!!
何故ならブリティッシュロック。LED ZEPPELINに憧れてここに来たのだ。
完璧すぎる待遇だよ…。

オープンリールや、ミックスルームにはレコードが並ぶ。
オーナーMargoのコレクションで、絶好の音響でこれらを聴けるらしい。
そりゃ住み込みも納得…。

早速セッティング。曲作りそのものには切羽詰まっていたが、
今日・明日とレコーディングの時間はたっぷり取ってあるので
いざ始まればこっちのもの。
ああでもないこうでもないが楽しい。
しかし、まさかレコーディングスタジオでさえもガムテープが無いのは意外。
輸出ビジネスになるんじゃないかこれ…?
はたまたそういったミュートの概念が無いのだろうか。

キックはノーホール・ノーミュートなので
両面にティッシュを張り付けて簡易帯ミュート。ガムテープは自前。
タムの鳴りが抜群にいい。
402は現場に入れば入るほどチューニングレンジの広さに感嘆。
サイドスネアはストリートのものを持ち込み。
ハイハットがK Zildjianなのも嬉しい。2002との相性もよかったなぁ。

というわけでセッティングを終えて、まずは曲の取り込みやクリック作り。
変拍子が結構あるのと、各所にきっかけとなる声を吹き込む。
今回のレコーディングは「セッション」が1つのテーマだったので、
曲をそこまで聴き込まず、思いつきを優先しながらも展開していく流れを組んだ。
言うまでもなく曲の完成がギリギリになったため、そもそも聴き込めていない。
というか、実はこの時点でまだ完成していない…。

これらの作業を終え、食事も取りつつ録音スタートは15時頃から。
実は今回、Javiとのコラボレーション曲も提案していたのだが、
この時点であまり現実的では無いような気がしていた。
というのも、焦って数を増やすよりゆったり進行した方がいい出来になるからだ。
というわけで3曲ではなく2曲をじっくり攻略する。
お陰様でリラックスできている。コンディションは良好。

20:30頃まで叩き、1曲の70%程までを録り終えて今日を終了。
コンピューターの不調もあるらしく、扇風機を直に当てて対応。
いい作品になっている自信はある。録り音も非常にいい。

明日はこのままのセッティングで再開できるので時間もある。
レコーディングとは段取りと余裕が全てだとつくづく感じた…。

予定の話や作品の方針やらで少し出発が遅れながらもNathanと別れ家の方へ。
22:30頃、2週間前に来たThe Garratt Tavernへ再び。Meeのお店だ。
彼とやり取りをしていて、今日食事を振る舞ってくれることになったのだ。
Javi,Tereと合流。数年前ストリートで出会ったリョウマとも再会。

スティーヴの「作品」を嗜み、Meeの案内で裏口のベンチへ。
プラベートスペースだ。真っ暗だが悪くない。

作ってくれたのはカルボナーラ!
これぞイ”タイ”リアン。シーフードが実に美味しい。
シェフ(Mee)が作る料理はやはり格が違うな…。

その後は屋内へ戻り飲み。土曜日ともあり爆音のDJがいて声が届かない笑。
リョウマはいまサポートバンドでギターを弾いていて
今年ヨーロッパツアーが決まっているとのこと。しれっとスゴい。
日本語で喋る違和感もありつつ、こういう空間が嬉しい。

金曜日もあってか、いつもより遅い閉店時間。
そのままリョウマにも家まで付いてきてもらいCDを渡す。
少しワイワイして僕はベッドへ。

明日もレコーディング。
そして最後の夜。
そして
このタイミングを狙ったかのような、
いや、いっそこれは、
これまでの流れが全てが仕組まれていたかのような
思いがけないサプライズが待っていることを
「彼」は知る由もない…。

8月3日(金) 渋谷RUBY ROOM
〜RICH FOREVER SEMINAR Vol.2〜

#STDRUMS
TERROR SQUAD
ベーソンズ
GROUNDCOVER.

-OPEN 19:00 / START 19:30
-ADV ¥2000 / DOOR ¥2500

※出演アーティスト収録オムニバスCDを全員にプレゼント!(非売品)
チケット予約はコチラから

ドラムレッスン受講生随時募集中!
あの曲を叩けるようになりたい。ドラムを叩いてストレス発散してみたい…
未経験・初心者の方大歓迎!
経験者の方にはお悩み相談、基礎・ルーディメンツから
ツーバスやブラストビートといった専門的な演奏方法まで幅広くお応えいたします。

新宿HILL VALLEY STUDIOにて1時間4000円。スタジオ使用料込みです!
僕の愛器を並べてドラムキット2台でレッスンできます。
まずは無料体験レッスンからどうぞ!
⬇⬇⬇詳しくは⬇⬇⬇
http://www.rerure.com/lessons.php

それでは、続きはwebで。チーン。

-#stdrums, Travel
-,

執筆者:


  1. […] STLOG 2018 by #STDRUMS U.K.Rec Collection – STLOG 2018 2018年、ヨーロッパでの旅の記録(LOG)として製作された初のロンドンレコーディング作品。この作品にて初のコラボーレション、尾形回帰(HERE/インビシブルマンズデスベッド)作曲の”P.E.T.A.”を収録。U.K.らしいオープンなドラムサウンドは、空を眺めながらぼーっとしたいときにオススメ。CDは限定約100枚。6面開き仕様ジャケットにはツアーに関する一言日記が書かれている。自身の曲はiphoneのみで作曲。レコーディング当時のブログ(2019年4月) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

#stdrums 新MV “Shetuze’s Clear” を通じて伝えたいこと

Muchas Gracias Spain! Thank you very much England! というわけで、9月5日〜27日にかけての スペイン&UKツアーも無事に終わりました。 前回 …

#STDRUMS【ジップパーカー】&【オーダーメイドTシャツ】ご注文は今週末締切!

Twitterのみでの告知となっておりましたが #STDRUMS – LOTUS ROOT 受注生産ジップパーカーと 色を選べるTシャツキャンペーンの締切が今週末までとなります。 オーダー …

20191017 Sydney to Melbourne. Council hall. #stdrums in Brunswick with Keogh. Australia.

日本時間ではまだ深夜に当たる4:30頃に起床。 荷造りを済ませると、持ってきたものをそのまま運ぶような結果になった。 ゲストルームのドアノブが取れる爆笑案件から、Adamと共に車で家を発つ。 朝ラッシ …

20190630 Last busking… #stdrums in Brick Lane. London, U.K.

寝苦しい熱帯夜を乗り切り日曜日。 よく起きた。今日は行かなければならない。 最後の日曜日。Brick Laneだ。 スケジュールとしても今季最後のバスキングとなるだろう。 手持ちのレコードはあと3枚。 …

4月23日:本厚木ホルモンGIG vol.12【RICH FORVER JAPAN tour 2017】

気付くと狭い部屋の床に4人の外国人男性が深い眠りに付いていた。 昨日からツアーが始まったのだ。 既に慣れてしまったような感覚とまだ始まってもないような錯覚が入り混じる濃厚さ。 長時間のフライトから続く …

Archives