METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Daily

ロバートフリップ風日記13 #STDRUMS + 小型MUSHAxKUSHA + UltraDeluxe(from NY) + おまえ + おーたけ@じぇーむずfeat.大山拓哉 + 幸せの黄色い豊武【American wannabe】両国SUNRIZE

投稿日:2019年8月10日 更新日:

2019年8月9日(金)

(この日も自宅から始まる)

11:58 起床。
12:07 コーヒー。
12:13 曖昧な記憶。各連絡。インターネット。
14:10 セットリストの書き出し。編集。
15:12 コーヒーをこぼす。
15:17 カーペット掃除。
15:54 メモリーカード確認。
16:02 移動。#STDRUMS – LOTUS ROOTを聴く(曲の復習も兼ねて)。

16:59 到着。両国SUNRIZE。
17:06 セッティング。フロア。スーツケースドラム。簡易ステージは使わない。スピーカーとミキサー設営。マイキングはキックのみ。ビーターが破損し、お店のものにダンボールで急遽作成。
17:35 曖昧な記憶。
18:32 雑談。Ultra Deluxe メンバー、Max, Eric, スタッフのジョーダン、ウエダテツヤ。スーツケースドラムについて。カセット・レコードについて。
19:30 開演。

気分
落ち着いている。高揚感。

ギグ
#STDRUMS 15分×4本のステージ転換中ライヴ。スーツケースドラム + シンバル1枚が無限の可能性を引き出す。久々のビートドラム。各ステージ毎にテーマを持って展開。3ステージ目で新曲。悪くない反応。CLOSE TO THE EDGEの駆け抜けるべき場面でスティックが折れる。オケの相性がいいUltra Deluxe. 流石のウエダテツヤ・小型MUSHAxKUSHA。

22:41 物販。雑談。NYツアーについて。ビザについて。機材持ち込みについて。レコードについて。
24:12 移動。
25:08 焼肉。ビール。ホルモン。カルビ。ハラミ。
26:20 せいや。ビール。餃子。ラーメン。
26:49 帰宅。
27:01 シャワー。
27:14 曖昧な記憶。就寝。

この投稿をInstagramで見る

Big shouts to the greatest drummer ever @stdrums #stdrums #tokyo #drums #japan #tour

Erik Torresさん(@disasteronhisforearm)がシェアした投稿 –

7月25日〜8月12日
カクシンハン第13回ロングラン公演
【薔薇戦争】
会場:シアター風姿花伝

◆おまえの敵を知れ!シェイクスピア衝撃的デビュー作 & 400年のロングランヒット作 同時上演!あなたは赤い薔薇? 白い薔薇? それとも!?

演出:木村龍之介 Ryunosuke Kimura
翻訳:松岡和子 Kazuko Matsuoka
作:シェイクスピア Shakespeare
構成:カクシンハン KAKUSHINHAN

■あらすじ
「ヘンリー六世」
偉大な王を突然の病で亡くした国が、新たな治世を迎えるまでの駆け引きと争いの物語。幼いヘンリー六世に明け渡された玉座は、歴史を超えて敵対してきた貴族たちの野心に火をつけ、ついに国は二つに分裂してしまう。親から子へと継がれてきた愛と憎しみを清算する血塗られた五十年。権力をめぐる対立に揺れる国と、そこに生きる人間たちの魂を描いた、シェイクスピア渾身のデビュー作——

リチャード三世
世界を憎悪し、信じるものは己の野心のみ。王位のためには手段を選ばないリチャードは、実の兄を陥れ、殺した敵の妻を口説き、幼な子を惨殺し、利用し尽くした臣下はゴミのように捨て、疾走する。爽快なまでの「悪」を貫く、人類を魅了してやまないシェイクスピアが生み出した稀代のトリックスター。「悪」の先に待ち受けていたものとは・・・

■TICKET [日時指定・全席自由]
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=52626&
一般(前売・当日共)…5,000円
セット券(薔薇/逆薔薇回のみ有効)…8,000円
※「セット券」は、[薔薇]または[逆薔薇]の通し上演日に「ヘンリー六世」と「リチャード三世」を合わせてお楽しみいただけるお得なチケットです。
※受付開始は開演の40分前、開場は開演の30分前を予定しております。
※受付開始時間よりご入場整理番号を発行いたします。
※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
※チケットはいずれも発券手数料等216円を含んだ価格となっております。
※開演時間を過ぎてしまいますと、劇場構造の都合上お席にご案内するのが難しい場合がございます。お早めのご来場をお願いいたします。

■PLACE
シアター風姿花伝
〒161-0032 東京都新宿区中落合2丁目1−10
【アクセス】
JR山手線「目白駅」より 徒歩18分/バス6分
都営大江戸線「落合南長崎駅」より 徒歩12分
西武池袋線「椎名町駅」より 徒歩8分
西武新宿線「下落合駅」より 徒歩10分
http://www.fuusikaden.com/

■CAST
河内大和(カクシンハン)Yamato Kochi
真以美(カクシンハン) Maimi
岩崎MARK雄大(カクシンハン)Yudai Mark Iwasaki
宮本裕子 (アクソン エンタテインメント)Yuko Miyamoto
鈴木彰紀 (さいたまネクスト・シアター)Akinori Suzuki
小田伸泰 (俳優座)Nobuyasu Oda
野村龍一 (天才劇団バカバッカ)Ryuichi Nomura
大塚航二朗 (無名塾)Koujiro Otsuka
別所晋 (無名塾)Shin Bessho
阿部卓也 Takuya Abe
長内映里香 (avenir)Erika Osanai
室岡佑哉 (仕事)Yuya Murooka
名村辰 (FATHER’S CORPORATION)Shin Namura
佐々木雄太郎 Yutaro Sasaki
近藤修大 Nobuhiro Kondou
山田荘一朗 Soichiro Yamada
渡部哲成 Tessei Watabe
ユージ・レルレ・カワグチ (#STDRUMS)

それでは、続きはwebで。チーン。

2019年8月25日(日) / 渋谷RUBY ROOM
【RICH GOLDEN STREET vol.3】
#STDRUMS
Bucket Drummer MASA
CHAPA DIDGERIDOO

OPEN-18:00 / START-18:30
入場無料! / 2drinks order

2019年9月27日(金) / 渋谷RUBY ROOM
【RICH FOREVER SEMINAR vol.6】
#STDRUMS
and more…

-Daily
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20181010 #STDRUMS + big-flatコー1 + 土方幸徳(camellia) + ジョン中村(石井卓とジョン中村) + 森康一郎(ゆーの) + ゆきちか(GROWING’S) + KEITA(trico) 〜ドラムで世界は救えるかね?〜 稲毛K’s Dream公演

昨夜は某所にて尾形氏と飲み。 特段なんという理由もなく、リハーサル後に約束してみて、 集まれば我々2人だったという話。 この飲み屋、かなり強烈に飲めるという隠れた名店であり、 家に帰った記憶は勿論ない …

20171123 HERE + アシュラシンドローム + セックスマシーン + プピリットパロ ~君をハイテンションにするツアー~ 札幌SPIRITUAL LOUNGE 公演

TOWER RECORDSインストアライブを終えてひと段落。 想像以上に武田氏の容態がよろしくない。 休日というタイミングでなんとか診療している内科を見つけて送り出す。 その間に札幌SPIRITUAL …

20171119 milkcow + APOLOGIST + COFFINS + DISGUST + Little Bastards + ミヤマGt. + NECRONOMIDOL + SENSELESS APOCALYPSE + The Donor + ヴィジュアル系演歌歌手 TAKASHI + YxAxD + DISGUNDER + freedom tacos band 〜Blast ‘em All vol 12〜 池袋手刀公演

ブログ追い込みにも拍車をかけている。 一昨日はHERE, 昨日はtaikan exorcist. ジャパンロック・アヴァンギャルドヒップホップときて 今日はmilkcowという名の破壊活動。 曲覚えに …

20181125 HERE + THEイナズマ戦隊 + OKAMOTO’S 〜21年目の日本大巡業 2018-2019〜 長野CLUB JUNK BOX

日曜日。 流石のレルレと言えども4日目ともなると少々b 午前中に機材車へ集合して北を目指す。 14時頃に長野市に到着。 寒い寒いと脅されながらもTシャツで来た私の勝利のようだ。 まずは機材搬入をして少 …

20180310 HERE 〜TENJIN ONTAQ 2018〜 博多VIVRE HALL 公演

その日もその日でリハーサルを終えたあとに集会。 遂に「ファミレス飲み」というジャンルを開拓した我々。 翌日、昼過ぎに再び集まり西を目指す。 幸いにも二日酔いはなく、まだ酔っ払っているだけであった。 道 …

Archives