METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Daily

20180131 HERE + ステレオパンダ + Li-V-RAVE ~ハジマリノカギ~ ESPミュージカルアカデミー公演

投稿日:2018年2月1日 更新日:

今日もライヴだ。
叩きまくった昨夜を経て1日が始まる。
お昼過ぎに機材車に集まり高田馬場へ。

現地へ到着すると大勢の学生の皆さんがお出迎え。
大量に積まれた機材を一気に運んでくれた。
ESPミュージカルアカデミー。
専門学校のステージ製作にあたる学科でのライヴである。

授業の一環として組まれているライヴのため、
普段のライヴと比べて優遇かつ厳重な部分が多い。
ステージのライティング?の確認をしたあと、
別館の楽屋に通して頂きサウンドチェックを待つ。

ステージはドラムが高台に組まれたセッティング。
シンバルにはESPのロゴが入ったものだが、
恐らくトルコ系の薄いシンバル。よく鳴るブライトなモデルだ。
タムヘッドにもESPロゴが入っているのは斬新だ。
スネアも新しいヘッドに交換したばかりなので気持ちがいい。
サウンドチェックからモニターの要望も「授業」なのが面白い。

無論「やりたいこと」というのは十人十色であるが、
ステージ製作とはスパースター・表舞台に立てるものではなく、
しかし仕事内容としては具体的なもの。
20代手前にしてどういう経緯でこの仕事に憧れ、
専門学校に行こうと決めたのか非常に興味深い。

同じ年齢の頃、僕はROSEROSEに明け暮れていたな…。
「没頭」はしていたが
「将来の夢」のようなものではなかった。
「やりたいこと」ではあったが
「これで生きていく!」ではなかった。
具体的な将来の仕事なんぞ全くイメージがなかった。
だがこうしていま、なんとか生きる術がドラムになっている。
手元ではビールの王冠を折り曲げている。
のらりくらりな人生を振り返りながら渋めのコーヒーを啜る午後4時。
物販の準備も終えて一息つけば開演。

1月31日(水) ESPミュージカルアカデミー12号館
~ハジマリノカギ~
HERE
ステレオパンダ
Li-V-RAVE

お笑いコンビ ステレオパンダのお二人による進行から
Li-V-RAVEのパフォーマンスへ。
NECRONOMIDOLとも何度か共演をしているらしい。
間にトークも挟み、我々HEREは最後の出演。
天井も高くしっかりした作りの会場はタイコがよく鳴る。
学生の皆さんも観に来てくれた様子。
いい感じのギャップもありつつの演奏。

急遽アンコールも頂いて演奏後はステージ上でトーク。
流石のボキャブラリーとリズムで次々に場を繋いでいくステレオパンダ。すげぇ…。
うっかり紙相撲に参加したりして終演。

今日のライヴで「やっぱりこの仕事は楽しそうだな」と感じてくれれば冥利に尽きる。
尾形氏の言葉を借りれば
「次は現場で会おう」

物販のあと機材を搬出して任務完了。
折角高田馬場ということで、隣の新大久保まで繰り出し韓国料理を堪能。
お通しのキムチとナムルが美味い美味い。壱さんは昇天。マッコリで流し込む。

食べ終えて外を見上げれば月食。
異質な物体が空中に配置されているような違和感に釘付け。
月食が終わったあと、光を取り戻していくさまが
2001年宇宙の旅のオープニングを彷彿とさせる壮大さであった。
脳内BGMは勿論 “Also Sprach Zarathustra”.
Javi, Bill, Nathanの顔が空に浮かんだとか、浮かばないとか…。

人力ドラムンベースソロ #stdrums Shetuze’s Clear
ストリートからライヴハウスへ向けたミュージックビデオ第一弾を公開!
シェア・リツイートして頂ければ幸いです!
http://stdrums.rerure.com

それでは、続きはwebで。チーン。

-Daily
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20180507 HERE + Outside dandy + それでも尚、未来に媚びる + RED in BLUE + GRAND STAND 〜君をハイテンションにするツアー2018〜 新潟CLUB RIVERST 公演

気付けば朝を迎えていた。 荷物を纏めてメンバーと合流。 設備の整った大変いい宿であった。 して、何故またここに来ているんだ。 『そば処小木曽製粉所』ラウンド2。 本日は中盛り也。 昨夜の「無駄な2時間 …

20181023 & 1024 HERE + RED in BLUE + CRAZY WEST MOUNTAIN + Smily Tinky 〜僕らのHIGH TENSION DAYS 2018-2019〜 福岡Queblick公演

前日はパーツの購入だったり準備の日。 帰り道にある安いスーパーに寄ると これで700円。 やるしかないだろ。 急遽黒鯛パーティーを開催。 刺身は湯引きと2種類。カマ焼きにみそ汁。 改めて鯛のポテンシャ …

20190127 HERE + SaToMansion + Crazy West Mountain 〜「the garden」release tour 仙台編〜 仙台FLYING SON公演

レコーディングからのO-CRESTでのライヴを終えて 流石に廃人… になるわけもいかず、翌日には機材回収。 翌週からミックス作業。 BATTLE CRY SOUNDにお世話になりました。 武田さん、諸 …

20180715 HERE + Yellow Studs 〜11代目梅雨将軍2man series「死ぬくらい言葉にならない将軍」〜 池袋Adm公演

昨夜のリハーサルは盛り上がった。 この数本のライヴからあがったベースのサウンドについて。 バンドが求めている音。とプレイヤーが好きな音。に差異があるのはよくあること。 例えば僕のLudwigはHERE …

20190221 Tokyo to Fukuoka… 〜HEREワンコインワンマンツアー日記〜

RICH FOREVER SEMINARを終えて一息。 『細長い卵は双子理論』はこの日打ち破られ… スケジュールの隙間をついてまたも盟友翔二郎と遊んでもらい この日は魚屋でコハダが安かったので急遽初め …

Archives