METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums Travel

20180601 in France, Poitiers to Paris. #stdrums at Odéon, Tower Eiffel, Moulin Rouge.

投稿日:2018年6月2日 更新日:

深夜にかけて車は北へ。
道中では日本で出会った各人々の現在と今後。生き方の話なんかをしていた。

早朝5:30頃、フランス中部にあるPoitiersへ到着。

日が出てきているなか調理スタート。

長時間のドライブをありがとう。

ビールの栓が空いてカルボナーラが完成する頃にはすっかり夜も明けていた。

トイレを探すついでに中心部の広場に大きな建造物を発見。

14時頃まで寝てしまい、少し探検。
こちらは区役所だったらしい。

街は静かで、学生が多い印象。

ノートルダム・ラ・グラン教会。
小規模なマーケットがあり、レコードをうっかり物色。
ケルト文字で書かれた実に興味深いジャケットの作品が埋まっていたが、
文字が解読できず調べるにも調べられず断念。
衝動買いするには少し躊躇する値段であった。なんだったんだろうあれは…。

車へ戻るとJaviらも起きていて、街の状況を伝える。
移動する選択肢を選び、ポワティエをあとに。
小さい頃に電車図鑑で見たTGVを発見。オレンジ色じゃなかったのか…。

フランスといえば、パン。
フランスパンといわれるくらいだもの。(こちらではバゲットといいます)
道中にパン屋さんがあったので早速購入して、昨日買いためておいた食材をイン。
スペインローカルの味付き豚肉とパプリカを炒めて、ガーリッククリームとバターで完成。
これは…犯罪級な美味さだ…。
確かにバゲットも全然違う…。確かな食感と柔らかさが同居している。

さて車は北へ。北へ。北へ。

次第に交通量も増えていく。
都心に着く頃には渋滞に次ぐ渋滞。
これが花の都、Paris。

駐車場も全く見つからず、チケットぴあ先行チケット予約の電話状態。
何とか一瞬の隙があり見つけられた場所へ駐車。
時間は22時を過ぎているが、今日は金曜日。

まだまだ望みはあるのではと、ひとまず地下鉄Odéon駅出口前にて #stdrums スタート。
反応はイマイチ。来てから肌で感じている国民性が現れているような印象。
割と控えめな演奏で様子を見ていたため、ややハードな方針へ。
するとすぐに近隣住民から苦情。まーそりゃそうか…。

となればやはり大きな場所へ行った方がいいのでは。
車が進んでいく先には

お!

これはもしや…

Eiffel!!!

想像以上に大きい!

がしかし、係員による入り口が設けられている。
スーツケースはお断りとのこと。
中心にある庭も柵で区切られてしまっていて周りしか囲めない状態。
どうやら数年前はそんなことなかったらしく、これはテロの影響だ…。
砂地で思うように進まないスーツケースをなんとか引きずり右往左往。

結局抜け穴もなく、万事休すのタイミングで24時。タワーがライトアップ。
これを見るために周囲には宴会組と観光組、若者組がちらほら。

ではその近くでやってみようじゃないか。
Javiからの提案でスポットライトのようになっている場所でラウンド2。
砂地なので平坦な場所を探すのに一苦労。
酔っぱらいの皆さんも集まりまずまずの反応。
1時間程で人もまばらとなり、少し厄介な酔っぱらい?も絡んできたので終了。

Tereは兄弟に会いに行ったらしく、迎えにいくのも含めて移動。
ガソリンがずっとギリギリだったのでやっと給油。探すのにエラい時間がかかった。
この間にSNSの利用価値についてなんか話していたり。

名前はずっと聞いたことのある”MOULIN ROUGE”.
キャバレーの名前だったのか。
Tereが戻ってくる少しの間、ラウンド3.
こちらは繁華街といった感じで反応もパーティーピーポー。
もう少し早ければもっと大きなことになっていたかもしれない26時前。
短時間であることもわかっていたためガンガン演奏して3曲程で警察が来て終了。

結果的にパリの主要箇所も回れて・バスキングもできて満足。
Tereのお兄さんらと談笑も束の間、Javiが車を持ってきてくれた。
満足な駐車ができないため急ぎの別れ。僅か10分程であった。
また会おう!

爆音で流れるカントリーミュージックと共に車は更に北へ…。

8月3日(金) 渋谷RUBY ROOM
〜RICH FOREVER SEMINAR Vol.2〜

#STDRUMS
TERROR SQUAD
ベーソンズ
GROUNDCOVER.

-OPEN 19:00 / START 19:30
-ADV ¥2000 / DOOR ¥2500

※出演アーティスト収録オムニバスCDを全員にプレゼント!(非売品)
チケット予約はコチラから

ドラムレッスン受講生随時募集中!
あの曲を叩けるようになりたい。ドラムを叩いてストレス発散してみたい…
未経験・初心者の方大歓迎!
経験者の方にはお悩み相談、基礎・ルーディメンツから
ツーバスやブラストビートといった専門的な演奏方法まで幅広くお応えいたします。

新宿HILL VALLEY STUDIOにて1時間4000円。スタジオ使用料込みです!
僕の愛器を並べてドラムキット2台でレッスンできます。
まずは無料体験レッスンからどうぞ!
⬇⬇⬇詳しくは⬇⬇⬇
http://www.rerure.com/lessons.php

それでは、続きはwebで。チーン。
€???

-#stdrums, Travel
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20190618 #stdrums in Brixton, Vauxhall. Weatherspoon in Brixton. London, U.K.

オフを経て火曜日。 引き続き腰回りが痛くて困っている。 ストレッチしたくとも、痛くてできない感じ。これは困った。 シャワーで暖めて揉んでみたり。 お昼は作曲やブログなどを進める。 バスキングに出掛けよ …

20170911 #stdrums in El Pumarejo, Barcelona, Spain.

9時に起床。 快晴のテラスで練習。 家にいるときはずっとブログを書き溜めているので、携帯による目の疲れを感じる。 というか、ケータイに時間を奪われ過ぎているな…。 荷物を纏めて13時過ぎに家を出る。 …

20171214 Tokyo to Los Angeles – NECRONOMIDOL & ZEROSHIKI US West Coast Tour.

数ヶ月振りに部屋の掃除を始めた。 洗濯物や細々した整理は勿論のこと、 キッチン周りや風呂場・トイレも入念に掃除する。 年を跨ぐ前の慣習として行われることの多い大掃除だが、 僕の場合は旅の前日を意味する …

20170925 Rat Records. #stdrums in Camden Town. Whetherspoon. London, UK.

朝9時過ぎに扉が開く音で目が覚める。 Javiの姿があった。 彼は今日から数日マドリードへ行くのだ。 回らない頭でお別れ。 そういえば昨夜に既に挨拶は済ませてあった。 今回はいつもと違うお世話のなり方 …

20180602 Paris, Calais to UK. Antisect concert at THE LEXINGTON, Angel.

Parisを出発して車は更に北へ。 酒も入りハイになったTereはJaviとの喋りが止まらず、 むしろこの時間を作曲に宛てさせてもらった。 結局この道中、作曲は殆どできなかったな…。 早朝7時にフラン …

Archives