METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Daily Travel

唐突のレコーディング / Jeremy Starcy とブリティッシュ・ビートの秘訣 / #STDRUMS U.K.TOUR 2023

投稿日:2023年10月20日 更新日:

17/10/2023 (Tue)
昼過ぎにLluis 来訪。月末くらいからこの家に一時的に住まうそう。ロンドンの家事情は由々しき問題である。Hugo と共に近くのカフェでコーヒーを飲んで私は Wapping へ。

これは一等地の予感。

Brick Lane で出会った Snowy。バンドでドラムを探しているそうで「会って話そう」くらいのものかと思ったら彼の家で簡易レコーディング開始。近隣の迷惑にならない程度の音量で幾つかのパターンを演奏。プリプロくらいに考えていたらまさかの展開、今日の録音は次にリリース予定の MV に使われるのだそうだ。飛躍な展開の着地点は何処に。

終えて今後の話しもしつつ近所のパブへ。一等地のパイントはもう想像の余地もない値段なのではなかろうか…タランティーノ風の面白い男性。

解散するとメッセージあり。折角市内まで来ているので、夜のセントラルを徘徊しながら友達のバーを目指して Shoreditch へ。しかし少し遅かったようでお店は閉め気味、友人も忙しそうで1杯飲んで店を出る。

Lawrence は仕事中だろうか。どこにいるか電話を掛けてみると、なんと目の前にいるからロンドン。そんなことが本当に起こる。これはやるしかない。こうして彼のお宅へお邪魔し、音楽を聴きながら必殺のスコッチを出してもらったり、家の酒を空にして就寝。

18/10/2023 (Wed)
やや二日酔い。家のコレクションから平然とソリッドブルーが出てくるからロンドン。


お昼過ぎに Lawrence の家を出て、Manor House まで歩き、階段でスーツケースを落下させ Brixton へと向かう。しかし濃い目の雨が降り始めておりバスキングは断念。バスの渋滞にハマりながら翔二郎と通話録音。帰宅してからは曖昧な記憶。作曲と食事。

19/10/2023 (Thu)
Joel のライヴで出会った Dan から誘ってもらったチケットを取り、夕方にバスで移動。ダブルデッカーの二階席はずっと飽きない。

Balham 駅に着いて右手を見ると THE BEDFORD のサインがでかでかと輝いている。パプの奥には円状のゴージャスなステージが用意されており、Dan と友人と合流。会ったときは酔い酔いで記憶も定かでないが、なんと9年前にも同じ(Joel の) ライヴを観ていたのだとか。ご友人は Pink Floyd カバーバンドのマネージャーらしく、目が常にキラキラしていていい人。

エントランスにいたオーガナイザー?の紹介で始まった “UNCOVERED” は、凄腕ミュージシャンたちによる往年曲カバーバンドということで、正直そこまで強い期待を持っていなかったのは、結局 AC/DC や Van Halen など “too much tourist” が予測され、現実になっていたからである。

しかし全ては杞憂。Jeremy Starcy の巨木が揺れ動いているようなドラミングはまさしくブリティッシュビートそのものであり、日々のバスキングで得てきた経験値の向こう側を聴いているような感覚。Let’s Dance での完璧なタイム感、Black Dog, Kashimir のツェッペリンメドレーでは “ボンゾらしさ” という意味ではなく、聴き続けて信じてきたグルーヴが『そのまま』目の前で繰り広げられていた。

スネアは「揺れる」が「動かない」この秘訣を終演後本人に訊ねると「ちょっとおいで」と、片付け途中で残っていたキックとスネアを使って実際に叩いて見せてもらった。全てはコントロール下にある。

「なんで Gavin がセンターじゃないのか今でもわからないよ」と、現行 King Crimson ドラマーの1人であり、ローカルな場所でも紳士に在り続ける人間性にも心を打たれた夜。ベース John Hogg はピックを持ちながら指弾きも足してくる強者で、底抜けにいい人だった…。

ヒントとモチベーションたっぷりに、明日は Bristol でのライヴ。

#STDRUMS【受注生産パーカー2023】予約受付中!
締切:2023年11月16日(木)

#STDRUMS【受注生産パーカー2023】受付開始

それでは、続きはwebで。チーン。

-Daily, Travel
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

20190215 #STDRUMS + SASAMORI(DRADNATS) + 柏倉隆史(toe) + 松浦英治 + 山﨑聖之(fam) + Takeshi(SECRET 7 LINE) + YONASHIRO(SABANNAMAN) + コージ(39degrees) + Ryo(SHADOWS) 〜MAD BEATING -Twin drum session-〜 東高円寺二万電圧公演

RICH FOREVER SEMINAR vol.4の準備も大詰め。 油揚げ・寿司酢の下準備。なんのこっちゃ。 特典CDも完成し、土曜日に向けて意識を集中させる。 15日金曜日。 企画前日、お昼過ぎに …

20191105【平沢進+会人 (EJIN)】〜BATTLES JAPAN TOUR 2019〜 梅田CLUB QUATTRO

昨日の文末には若干の誇張がある。 知ったかぶりするよりかは幾分いいだろう。 「眠りについた…」ではなく、ベッドの上で気絶していた。 折角のホテル泊まりなのに、無傷のベッドで翌日を迎えたときほど哀れな光 …

20181115 HERE + アシュラシンドローム + SaToMansion 〜僕らのHIGH TENSION DAYS 2018-2019〜 札幌SPIRITUAL LOUNGE公演

お昼頃に起床。 放し飼いで育った鶏の卵と冷しゃぶ。手羽中。 朝から最高です。 さて荷物を持って札幌市内へ。 実に好きなタイプの空。 15時にSPIRITUAL LOUNGEへ到着。 亞一人くんは既に「 …

20180609 NECRONOMIDOL + X Made Alcoholic Santaclaus 〜BLACK WINDS OVER THE CONTINENT〜 La Boule Noire. Paris, France.

昼前に起床。 割とよく眠れた気がする。 やや曇り空のパリ。 部屋が半地下というのもあって外気が気持ちいい。 昨日のルーティンよろしくで昼飯の準備。 同じパン屋でバゲットを買う。 目先ではまさみちゃんが …

20180602 Paris, Calais to UK. Antisect concert at THE LEXINGTON, Angel.

Parisを出発して車は更に北へ。 酒も入りハイになったTereはJaviとの喋りが止まらず、 むしろこの時間を作曲に宛てさせてもらった。 結局この道中、作曲は殆どできなかったな…。 早朝7時にフラン …

Archives