METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Daily

20171207 HERE + THEE MAD COUNTRY’S STORE + jealkb + 嘘とカメレオン + .(dot)any ~TMCS 1st Anniversary~ 渋谷DESEO公演

投稿日:

土曜日の#stdrumsライヴから
NECRONOMIDOL, ZEROSHIKIのリハやレッスンが重なる。
ストリートに出ていない日々が続いているが、仕事が理由とはありがたい限り。
11月から気温もぐっと下がってきているのを肌で感じる12月7日。

この日はお昼から所用で外に出ていた。
ふと街のローカルなレコードショップへ指を汚しに入る。
二日酔い気味の身体で店内を物色。
気付けば店内で流れているクラシカルなピアノの旋律に心を奪われてた。
鍵盤の上で踊る指から紡ぎ出される音色は鋭く・しかし包み込むように刺さる。
かと思えば次に選ばれたBGMはヒップホップ。
Milesからサンプリングもあり、古典かつ斬新なサウンド。
この店主…デキる…!
レコードショップが素晴らしいのはこういった新しい出会いがあるからだ。
10年前squarepusherと出会ったのもレコ屋で流れていたjust a souvenirだった。
音楽を売るお店で店主が好きで流す音楽が悪いとは想像しがたい。
新しい発見とは自らの足から偶発して産まれる。
うっかり聴き入ってしまい約1時間。相手はKeith JarrettとNujabes。
アルバムタイトルをメモしてお店を出た。
考えてみればどうしてその場で買えないか訪ねなかったのか。
気付いたのは渋谷へ向かっている道中であった。

DESEOへ到着して機材搬入。
サウンドチェックはキックの音質とベースのバランス。
クリーンな印象がある音作りとなった。

お弁当を頂く。
THEE MAD COUNTRY’S STOREギターのaieさんはHEREと親交があり、
the god and death starsはドラムは元rowtheの潤さんということが判明。
潤さんとは10月末に餅さん、オノボーン、Digraphiaキンヤタソと飲もうと集まった際、
偶然道中で遭遇してそのまま一緒に机を囲んだ。
DESEOといえばインビシ、灰野敬二、漁港、いこち、ニンゲンカクセイキの奇跡的公演。
この場所に再び集まるべくして揃った様な感覚だ。

松本誠治さんは気さくにもPCに#stdrumsのステッカーを貼って下さった。
イイカオオブザイヤーノミネート作品。
ステッカーはお声掛け頂ければ差し上げますので皆様お気軽にどうぞ。

さて、ディスクユニオンだ。
日が落ちかけた空の下、錯乱しそうなコンクリートジャングルを潜り抜ける。
“The Melody At Night, With You” 無事購入。
そわそわしていた気持ちが期待で満たされる。
他にもついつい数点購入。この店がある限り一生お金持ちにはなれないだろう…。
ハコへ戻れば開演。

12月7日(木) 渋谷DESEO
~TMCS 1st Anniversary~
HERE
THEE MAD COUNTRY’S STORE
jealkb
嘘とカメレオン
.(dot)any
DJ髙橋コースケ from JAWEYE

ブランド”TMCS”の1周年をお祝いするイベント。
かつ同名のバンド”THEE MAD COUNTRY’S STORE”解散ライヴ。
平日で早い時間にも関わる賑わいを見せる会場。
HEREは2番手の出演。
ワンマン公演を経ての本日。
あの日の2時間を30分に凝縮して演奏する。
勢いよくライヴができたと思う。勢い余り過ぎという噂も…。
バンドとしての結束感が出てきたいま、冷静な一面も改めて保持しなければ。

出番のあとはこの有様である。
ドリンクカウンターの方とコミュニケーションを積み重ねて生まれるスリキリ。
そのあとのジャックコークも強烈であった。
(奢って下さったケンイチロウさん、ありがとう御座いました!)
この時点で既にだいぶ飲んでしまい、記憶も怪しい。

しかし我々は乗り出した。打ち上げという大航海に。
饒舌な松本誠治さんを中心に盛り上がっていく店内。
…記憶を掘り下げながら今こうしてパソコンの前にいるが、
これが。もう。全然思い出せない。

ラストオーダーのメガジョッキがその壮絶さを物語っている…。
嘘とカメレオンCHAMちゃんとMJの話で盛り上がったのは覚えている。
aieさんの優しさに包まれた一夜。
TMCS 1周年おめでとう御座います!!

朝方解散。車で自宅まで送って頂く。
そうか、これからKeath Jarrettを聴けるのか…。
わくわくしながら車を降りたあとふと気付く。
CDを車内に置き忘れていますやんけ。
まさかの戻ってきて頂き回収。ほんとすんません…。
お風呂も入って準備万端。
あとはただ、深く鋭い旋律に包み込まれるだけ。

人力ドラムンベースソロ #stdrums Shetuze’s Clear
ストリートからライヴハウスへ向けたミュージックビデオ第一弾を公開!
シェア・リツイートして頂ければ幸いです!
http://stdrums.rerure.com

それでは、続きはwebで。チーン。

-Daily
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【降りしきる夜】20180909 – DEEPCOUNT + FORWARD + UHNELLYS + リトルキヨシ

6月におこなった #STDRUMS UKレコーディングのミックスのやり取りをしながら 1曲をただただ聴き続けているわけですが(英語での注文は本当に難しい…)、 その間にも頭によぎる先週末の記憶。 とい …

20171124 HERE + アシュラシンドローム + セックスマシーン ~君をハイテンションにするツアー~ 札幌SPIRITUAL LOUNGE 公演

…ここは…。 そうか、プピリットパロまもるくんについていって彼の部屋で飲んでいたのだ。 安定の寝落ち。からの床就寝。アウトブレイクじゃあるまいし。 部屋でまどろんでいると、マモルくんはこれからタワレコ …

20210502 #STDRUMS + 皇帝魚 & MADSAX光聲 + まちゅこけ + シネマキャブレターズ 〜FINAL BATTLE TOUR 2021〜 福井NoSiDE

リズムとは2つ以上の点が繋がることで円状の回転をし始める。散らばっているような点と点は次々と繋がり、縁となっていく…

20181228 HERE 〜忘れてしまいそうな曲達と一緒に年忘れ‼︎〜 渋谷RUBY ROOMワンマン公演

※レコーディングに向けて停滞しまくっていたライヴレポートブログ。 ほぼ写真のみですが振り返っていこうと思います。 一蘭をいただく。 これが、あの、KING CRIMSON公演中に切望した仕切り…。 1 …

20171117 HERE + Hello Sleepwalkers ~君をハイテンションにするツアー~ 学芸大学MAPLEHOUSE公演

先週末で完遂した名阪ツアーも束の間。 週明けから重なるリハとレコーディングもありの。 休む間もなく迎えた金曜日。 ライヴだ。 自転車で行ける距離だが、機材の関係もあり車に乗せて頂く。 学芸大学MAPL …

Archives