METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Daily Travel

30/06/2022:CRO-MAGS live at UNDERWORLD / THE END OF CAMDEN / #STDRUMS U.K.TOUR 2022

投稿日:2022年7月1日 更新日:

オフ以外選択肢がない今日はお昼に起床。溜め込んでいた手羽元をじっくりと煮込みつつ、お風呂を溜めてリフレッシュ。

4時間ほど煮込んだ凝縮スープが完成。生姜を入れ過ぎたが美味い。

昨日のライヴに来てくれた Rato は我々が初めて会った Devonshire Arms のマネージャーとも友達らしい。レコ屋でも巡ってからパブに合流しようかと思いきや、割と何処も閉店時間が早かったためダイレクトに Camden Town を目指す。乗り換えで強烈な大雨に遭遇できるのもロンドンらしい。駅前の雰囲気も懐かしいな。

UNDERWORLD では CRO-MAGS がライヴ。マーケットの方まで向かうと…

WTF…「史上最悪のロンドンシティ」よ、何処へいった。駅前には Wendy’s がオープンし “カムデン仕様” のスパイキーヘッドとモヒカンのキャラクターが壁に大きくプリントされている。企業の商品になった時点でカルチャーは死んだも同然。この街でのバスキングを体験できていたのは幸せなことだったんだな。

Devonshire Arms に到着した時既に遅し。ブッキングマネージャーは CRO-MAGS のライヴに行ってしまったとのこと。初めましての皆さんと話していると、どうやら全員で行こうとしているらしい。日本に19回も来ているコナーの上手な日本語を頼りに、では私も行きますか。

こうして急遽 CRO-MAGS のライヴへ。UNDERWORLD なのにキャッシュが使えず(ドリンクすらもキャッシュで買えないのは驚きでしかない…)、コナーにカードで代替えしてもらう。数杯飲んで一旦外へ。

隣のケバブ屋さんで腹ごしらえ。Chips は余計だったな…。満腹になりハコに戻れば CRO-MAGS がセッティング中。イギリスではどうやらシーンによる区分けがあるらしく、他の対バン(ニュースクール) はあまりわからないらしい。日本のハードコアパンクシーンは非常に独特なんだな。

22時前にライヴ開始。屈強なオーディエンスによるモッシュ筋肉渋滞!クラウドサーフも当たり前にガンガン飛びまくります。今年55歳というオリジナルメンバー Harley Flanagan が全てを牽引しているようなカリスマ性があり、オールドスクールでありながら今も前進せんとする姿勢が見える。NEW YORK HARDCORE PUNK の源流を体験できたようなライヴ。

終演後、一緒にいた仲間と合流し Devonshire Arms へ戻るも誰もいない。Rato も含めて帰ってしまったらしい。ということで Richard と改めて飲んでいると…え、FUK のヴォーカルなの??マジかよ。こうして一気に共通の友人の名前が溢れ出し、彼も Bristol へ帰るとのことで解散。KAOS に会いにいくためにも Bristol は行きたい所存…。楽しい時間をありがとう!

それでは、続きはwebで。チーン。

#STDRUMS – SATURATIONS (with 原昌和 / the band apart)

【横井翔二郎とユージ・レルレ・カワグチのスーパーダイナマイトハウス】
season1-17
【ゲスト編 #1 Dannie B.Good】

盟友とのラジオが始まりました。毎週月曜日朝7時更新。

-Daily, Travel
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

G.Garage ///【リチャード三世】ロバートフリップ風日記0127

2022年1月27日(木) (この日は自宅から始まる) 7:20 起床 7:32 スティックキーホルダー製作 8:10 炊飯。コーヒー。METALLICA – Kill ‘Em …

#stdrums 新MV “Shetuze’s Clear” を通じて伝えたいこと

Muchas Gracias Spain! Thank you very much England! というわけで、9月5日〜27日にかけての スペイン&UKツアーも無事に終わりました。 前回 …

20180209 HERE + SaToMansion + 森良太(Brian the Sun) + CRAZY WEST MOUNTAIN 〜HAVE GOOD TASTE and GOOD MEAT DAY〜 下北沢CLUB Que公演

昨夜は久し振りにACEとミーティング。 あれやこれやと話はフリースタイルに発展し、 これからも面白いことができそうだ。 して明くる金曜。 Pat Torpeyの訃報が入ってきた。 “練習し …

20210227 ベッド・イン東名阪ツアー2021 〜バブルは続くよ、どこまでも〜 大阪FANJ twice

人間関係とは瞬間的で、偶発的である。 意図せず始まり、途切れるものもあれば・再び繋がり合う場合もある。 こういった巡り合わせを人は縁と呼ぶ。 【ベッド・イン】のサポート案件は突如として舞い込んできた。 …

10/06/2022:Busking in Holborn, ZURITO in Hercules Pillars / CHOOSE YOURSELF / #STDRUMS U.K.TOUR 2022

ロンドンに来てまだ3日目だというのに、いつの記憶がどの日の出来事だったのかが混在している。それだけ濃厚な日々を経験できている証拠だ。写真を頼りに10日金曜日を掘り返そう。 8時頃に起床。昨日よく寝たの …

Archives