METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums Travel

15/06/2022 Busking in Brixton / Bosche kun and KENNINGTON LANE CAFE / #STDRUMS U.K.TOUR 2022

投稿日:2022年6月16日 更新日:

2時過ぎに寝て9時に起床。ライフサイクルが生まれ始めてきた。昨日不具合を感じたビータを調整。何点か問題があったので接着剤などで修理。完全な固定がされていないため、上手く効いてくれればよいけど。同居人も少し早く起きてきて、ワークとタスクに取り組んでいるご様子。

日本の音楽の話しをしていたとき、Javi から民謡クルセイダーズの名前が出てきて驚いた。「日本にもクンビアを演奏するバンドがいるんだ」なんとそのバンドアカウントから我々の演奏動画がリツイートされたのだから SNS は素晴らしい。

さてお昼過ぎに家を出て Vauxhall へ。バスに乗っていると席を譲る人々の姿をよく目にする。「若いうちは立っておけ」みたいな言い伝えは、若いうちに沢山席を譲っておくことで “譲る側の気持ち” がわかり、歳を重ねたときに抵抗なく席に座れるためだとすれば健康的。

さてJordi と合流して chill out。持ってきためんべいにエクスタシーを感じている日本オタク。この公園の先に、当時 Javi と Jordi が通っていた音楽学校があったらしい。だから Stockwell に住んでいたのか。あの家は無敵だったなぁ。

今更になって知った、ゆで卵を肉で包んで揚げた SCOTCH EGG。Sainsbury’s といったらコレらしい。確かに美味いし安い。Jordi とは改めて近況報告など。まったく聞き上手な男だぜ。

(Jordi とのデートなう。に使っていいよシリーズ。)
メシでも行こうと周辺をフラつくものの、チキンバーガー屋しか開いてなくて “Welcome to London” 状態。その矢先に見つけた “KENNINGTON LANE CAFE” へチン入。いわゆるハンバーガーやケバブなどを提供してくれるお店である。ロシアから来られたという女性スタッフさんが日本語に少し詳しく、Jordi と2人でひたすら下らないことを言い続けてるものだから彼女も参加してきて3人で談笑。

グルメハンバーガーセット。順当に美味い。そして特段驚いたのが、ここロンドンに於いてはトップクラスのトイレの清潔さである。砂糖の補填などを細かくしていたので、お店の保持することが好きなんだろうな。店主から「グーグルのレビューを書いてくれ」と執拗に言われたので、ブログにてお返しします。Vauxhall へ訪れた際は是非どうぞ。

さて、17時半頃にお店を出て駅へ。Vauxhall にしてもらったのはこれからバスキングをするからに他ならない…がしかし、到着するとちょうどバンドがセッティングを始めていた。誰もやらない場所という意味でもいいスポットだったのだが、バスキングとは常にランダムなものだ。

食事もしたしビールも飲んだしで、一瞬帰っちゃおうかな…と頭にも過ぎった。だがなに、せめて昼飯代くらいは稼がなければ。ボブマーリーのミュージカルへ行く Jordi と別れて Brixton へ。おっと、駅前のスポットでは別の何かが開催されている。

というわけで KFC 前にセッティング。Brixton はこの二ヶ所が定番といえるが、駅前に比べると反応はイマイチという印象(但し夜になると話しは変わってくる)。セッティングをしていると「£5やるから叩かせてくれ」という感じの人が現れるのもロンドンあるある。まだ時間もあるため明け渡してしまえば最後、全然終わらないし、終わらせると金も払わない。そんなもんだ。

今日も Brixton は Brixton。毎シーズン「変なヤツ代表」が現れるのだが、酔っ払いの歌おばちゃんが今期の最有力候補らしい。彼ら彼女らは時間が無限にあるため、どうやっても来てしまうのが対処の難しいところ。エンジョイしてくれるのは嬉しいんだけどね。

反応はまずまずながらも、CDが数枚売れる。Brixton のパブで働いているというペズー、ライヴをやらせてくれたら嬉しいな。こういうときにダイレクトな連絡先を交換してしまうのが大切な気がする(いつも忘れてしまう…)。修理したビーターは調子を取り戻したものの、途中でガムテープが飛んでしまった。耐久性が及第点といったところ。

1時間ほどで終了。昼飯代くらいにはなっただろう。これから公園でリハをする Javi, Teresa とも偶然出会って20時頃に帰宅。ビーターの改善策を練りながら、家のものと持ってきたものを漁ると…

「もしかしたら」を予見して持ってきていた謎のプラスチック片を切って、ネジ止めして補強完了。旅先ではこういうガラクタが役に立つのさ。明日からのバスキングでどう影響するか。

29日に向けて作編曲もスタート。新しいソフトを使ってのライヴにもなるので、そこら辺も勉強していかなければ、すぐに再来週になってしまうぜ。帰ってきた家主たちにボロネーゼ(day2) を振る舞い、適度な時間に就寝。

それでは、続きはwebで。チーン。
£32

#STDRUMS – SATURATIONS (with 原昌和 / the band apart)

【横井翔二郎とユージ・レルレ・カワグチのスーパーダイナマイトハウス】
season1-14
【ハマってる人を集めてデュエルさせたい編】

盟友とのラジオが始まりました。毎週月曜日朝7時更新。

-#stdrums, Travel
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

20210501 #STDRUMS + 4-1 + STIR UP SHIT + TERROR CHORD + 爆弾CLUB 〜Peek-A-Boo〜 緑橋戦国大統領

【平沢進+会人(EJIN) 24曼荼羅】 大阪フェスティバルホールでの2日間を終えて翌々日。 意気揚々と向かう先に想像を超えた発意が待っていた。 ステルスメジャーと場末の地下室を繋ぐ、ソロツアー初日の …

20180601 in France, Poitiers to Paris. #stdrums at Odéon, Tower Eiffel, Moulin Rouge.

深夜にかけて車は北へ。 道中では日本で出会った各人々の現在と今後。生き方の話なんかをしていた。 早朝5:30頃、フランス中部にあるPoitiersへ到着。 日が出てきているなか調理スタート。 長時間の …

26/11/2022:#STDRUMS + nakaitoshifumi + sugarman at 仙台FLYING SON 〜配置〜 #RBJT2022

轟音渦巻く渋谷での饗宴を経て週末に向けての準備。ご当地お土産風ピンバッジは売り切れ、第三弾の近衛兵バージョンが販売開始。第二弾の時点で同時注文していた、バックトゥーザ・フューチャーよろしくの先読み展開 …

UNDERGROOVELAND & #stdrums 【RICH FOREVER JAPAN tour 2017】完遂

昨夜の朝方に帰宅。 全公演を終えて、記憶の整理をしながら 5月11日。 Javi, Bill帰国の日。 一向に連絡が無いため、 ノケン氏宅へ向かうと 16時過ぎでこの有様。 荷造りは全くされていない。 …

11/06/2022:Busking in Charing Cross / ZURITO with #STDRUMS live at Sevilla Mia / U.K.TOUR 2022

6月29日にライヴが決まった。ロンドン到着初日に HOWLING FIENDS を観た The Old Dispenser のオーガナイザーと話しがついたらしい。勿論対バンには ZURITO もいる。 …

Archives