METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Daily Travel

20171215 NECRONOMIDOL + ZEROSHIKI + Mirrors – Live at SoundBite Studios. CA. – US West Coast Tour.

投稿日:2017年12月16日 更新日:

西海岸伝説のライヴハウス、Whisky A Go Goにて
NECRONOMIDOL, ZEROSHIKIの2公演を終えた。
この日はまだ終わらない。
ビールに在り付けるわけもなく、
IRON BUTTERFLYを堪能する時間も無いまま物販と機材を纏めて移動。
(写真はパーカッションのMikeと。ドラムを超褒めてもらってご満悦。)
車で30分程走ってSoundBite Studiosへ到着。
VIPチケット限定スタジオライヴ。

先ほどフロアで会ったオーディエンスに暖かく迎えて頂く。
スタジオ内に入ると対バンのMirrors。
パワーアンプにトラブルがあったらしい。
待ってる間、セキュリティー?のリードと何か通じ合ったかのように談笑。

機材も無事に直ってサウンドチェック。
タムホルダーはあるもののネジが死んでいたので3点セット。
こちらではリッキーによるPAコントロールもあり、いい感じの調整ができたようだ。
30分程遅れてしまったものの無事に開演。

Mirrorsはニュースクール系のハードコアバンド。
弦楽器のセンスがとてもいい。攻めの姿勢のヴォーカルもいけている。

ZEROSHIKI
先ほどのライヴがもはやリハーサルのような感覚。
印象の交換を終えて一気にサウンドが纏まった。
これぞツアーだ。
やはりバンドとはお互いの信頼関係に尽きる。

NECRONOMIDOL
オケセットからライヴはスタート。
STARRY WISDOM とてもいい曲だなぁ。フレーズが頭に残る。
中盤に呼び込みを頂いてからのバンドセット。
実は道中の車内でWhisky A Go Goでのフィードバックを交換した。
ZEROSHIKIが後ろについてのライヴはまだ2回目。
作曲者・僕を含めてレコーディング奏者がいる「本来のネクロ魔バンド」があるなか、
フィーリングから曲の理解まで、何もかもが違うこのツアーが始まった。
とても切り出しにくい内容だったであろう。
彼女達のステージに対する真摯な気持ち。
意識の共有。理想と現実。妥協ではなく打開。理解と展望。
体力こそ流石に限界に近かったが、ここに来て団結できたように思える。
これぞツアーだ。

こうして1日4ステージを完遂。
長く、濃厚で、充実感に溢れた時間であった。
今日という1日で演奏が格段に向上したのも嬉しい。
こちらではしっかりと物販タイムがあったのでオーディエンスの皆さんと談笑。
ここでもPOSSESSEDの反応が凄まじい。The Exorcist!! ヴッ!!!
感動のあまり手が震えている人を見て、今日自分が此処にいる意味を感じた。
Nickは自家製のテキーラとカルーアを持ってきてくれた。大切に飲みます。
CDも沢山売れてくれました。本当にありがとう!!

物販を片付けて移動したのが26時前。
ハンバーガーチェーン ”Jack In The Box” にて買い出してマリア宅へ。
お酒の蓋を開け始めたのが早朝4時過ぎ…。
長い長い1日であった。
しかし意外にも杯は進む。ナチュラルハイに近い状態。

USAのGUINNESSはアルコールが少し高めの5.6%
IPAの国では丁度いいバランスなのかもしれない。
ダイさん、チョッチさんらと展望を話しつつ、意識も遠のいていくのでした。

人力ドラムンベースソロ #stdrums Shetuze’s Clear
ストリートからライヴハウスへ向けたミュージックビデオ第一弾を公開!
シェア・リツイートして頂ければ幸いです!
http://stdrums.rerure.com

それでは、続きはwebで。チーン。

-Daily, Travel
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

〜江丹別と東京が鹿児島で出会った九州前乗り編〜 RICH BUDDIES JAPAN TOUR 2022 #RBJT2022

10月31日(月) 4:25 … 起床 4:31 … 出発 なんぞやっている場合ではない。前日はサポートしている KLEPTO の企画ライヴ。イベントを終えて直帰を選べなかった …

ZURITO との週末 / 日曜日の8時間バスキング / ロンドン中心部の現実 / #STDRUMS U.K.TOUR 2023

ストリートでは街に向かって演奏するため、ゴキゲンな楽曲でも人々が無視するように通り過ぎていけば『殺伐とした人々と街のBGM』へと様変わりする。往来の忙しない交差点。音楽が持つ力と自身の無力さ。東京での見覚えある現実と、既視感あるロンドン・セントラル。憂いを込めて演奏していた曲が “闘志と祈りの音楽” へと変貌した瞬間、曲を終えてあたりを見渡すと…

20171118 taikan exorcist + FIREBIRDGASS + USE Me AGAIN + Transkam + バイニャンズ + PEST + theCRY + ORION 〜ACROSS THE BORDER〜 東高円寺二万電圧公演

昨夜のHEREから明けて本日。 やはり、随分とお飲みになったご様子。 あまりよろしくないコンディションの身体を引きずり高円寺へ向かう。 リハスタで1時間確認をして二万電圧へ。 taikan exorc …

20191016 #stdrums in Town Hall, Pitt Street. Sydney, Australia.

気温の上下が激しいこの季節のシドニー。 身体がまだ対応できていなく、眠りが浅い。 今夜はぐっすり眠れるだろうよ。 10時頃に起きてシャワーと荷造り。 スピーカーはリュックに入らないため、このような形に …

NECRONOMIDOL “DAWNSLAYER” MV公開

カクシンハン『タイタス・アンドロニカス』 無事に千穐楽を終えられました。 ご来場頂いた皆様、本当にありがとう御座いました。 【演劇×ドラム】としてジュリアス・シーザーから絡ませて頂き5回目。 今回また …

Archives