METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums Daily

Five days running exhibition Day.5 〜20190924 #STDRUMS + UHNELLYS + URBANフェチ + フルー 〜SANDWICH PROJECT.〜 渋谷HOME編〜

投稿日:2019年9月25日 更新日:

9月24日

この感覚。久し振りの我が家だ。
早速セットリストを組み上げる。
パソコンでの編集作業…もう一歩フットワークが軽いといいのだけど。
元が軽過ぎだのだろう。

今日はUHNELLYSとURBANフェチの共同企画 ”SANDWICH PROJECT.”
この2バンドのスケジュールが空いた日に突如開催されるという。
その報を見て試しに「出たいオブザイヤーである」と連絡してみると
改めて出演オファーをいただく。
動いてみるものだ。
スケジュールも名古屋から帰ってきた翌日。ちょうどいい!
こうして5日連続ライヴという運びとなった。

先に企画者のURBANフェチとUHNELLYSが演奏するという
なんとも無責任なイベント笑。
入場料1000円・予約不要というシステムも気軽でいい。
それにしてもUHNELLYSのライヴは本当に凄まじい。
ループという規則の中で常に囚われることなく自由という矛盾が身体を揺らす。
最も『ライヴを体験すべきバンド』と言えるだろう。

#STDRUMS は5日目最終日でだいぶ仕上がった演奏ができたと思う。
またスタックや装飾品の更なる改良・改造ポイントも見えてきた。
これはひょっとすると新しい機材の導入もあるかもしれない。
渋谷HOMEの規模感・音響システムもよく、実に発見多い1日であった。

ショートポップチューンと謳いながらも複雑な展開を連発しまくるフルーも終えると23時頃。
出演の皆さんと飲みながら談笑。店長宮内さんにも自己紹介完遂。
こうして”Five days running exhibition” 5日連続ライヴが…

終わらない…
うっかりRUBY ROOMまで足を延ばしてしまい
深夜にラーメンを食べて帰宅。
この5日間でお世話になった皆さま、ありがとう御座いました!

それでは、続きはwebで。チーン。

ドラムレッスン受講生随時募集中!
あの曲を叩けるようになりたい。ドラムを叩いてストレス発散してみたい…
未経験・初心者の方大歓迎!
経験者の方にはお悩み相談、基礎・ルーディメンツから
ツーバスやブラストビートといった専門的な演奏方法まで幅広くお応えいたします。

新宿HILL VALLEY STUDIOにて1時間4000円。スタジオ使用料込みです!
僕の愛器を並べてドラムキット2台でレッスンできます。
まずは無料体験レッスンからどうぞ!
⬇⬇⬇詳しくは⬇⬇⬇
https://www.rerure.com/lessons.php

-#stdrums, Daily
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ロバートフリップ風日記② カクシンハン『タイタス・アンドロニカス』

2017年8月15日(火) (この日も自宅から始まる) 10:30 起床。気絶から目覚める。 10:40 ご飯を炊く。 10:55 弁当を作る。 11:00 移動。 11:40 チューニング。慣らし。 …

NECRONOMIDOL “DAWNSLAYER” MV公開

カクシンハン『タイタス・アンドロニカス』 無事に千穐楽を終えられました。 ご来場頂いた皆様、本当にありがとう御座いました。 【演劇×ドラム】としてジュリアス・シーザーから絡ませて頂き5回目。 今回また …

カクシンハンPOCKET05『夏の夜の夢』出演決定

ドラムレッスン記事のアーカイブ移行も終わりまして、 改めて引っ越しをしてからのブログ投稿となります。 劇団「カクシンハン」にドラムにて出演が決定しました。 カクシンハンはシェイクスピアを中心に活動して …

【HAISEN SESSION】地下倉庫記録映像作品・3本同時公開!#レトルノセ #ナカムラルビイ #STDRUMS

ナカムラルビイ × #STDRUMS 即興デュオ【レトルノセ】 “HAISEN SESSION” 秘密地下倉庫での累積記録映像作品が公開されました。 事の発端は3月。 &#82 …

20210719 #STDRUMS + マクマナマン + SHOW-1 + moy060 + massiveeffect + ASD飯店 + J.Geils food 〜RICH FOREVER TRIP 2021〜 博多四次元

様々な環境でライヴを続けられるツアーでこそ、判断できる材料がある。 曲順は日々基本的に同じであるが、ライヴを経て繋がりなどを微調整する。 フィードバックを重ねて精度を高めていけるのは、現在の有機的な曲 …

Archives