METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Daily

Five days running exhibition Day.4 〜20190923 HERE + YELLOW STUDS + GRAND FAMILY ORCHESTRA 〜HEREの心を燃やせツアー〜 名古屋CLUB ROCK’N’ROLL 編〜

投稿日:2019年9月24日 更新日:

9月23日

清掃の呼び声で起こされる。
あれ、以前からこんなんだっけ…。
どうやら暫く来ない間にシステムが変わっていたようだ。

少し待ちぼうけしつつ、12時前に全員揃っていざ名古屋へ。
眠い理由は言わずもがな。聞かずもがな。
T氏もフラフラである。いいコンディションだ。

13時頃に名古屋へ到着。
先に食事ということでココイチが運営するラーメン屋さんへ。
一応名古屋ってことで台湾カレーラーメン。
壱氏は体調が優れていないらしく車で休んでいる。
そのコンディションで何故昨夜呑んでいたのかは毛無のみぞ知る。

15時頃にCLUB ROCK’N’ROLLへ到着。
機材搬入からのサウンドチェック。削りライドシンバル最高。
クラッシュは2枚とも18インチながらも、音程が違うというZENNマジック。
製造のムラを利用する逆転の発想。素晴らしい。
鳴らないロータムを試行錯誤しながらいじっていくのも楽しい。

さて開演までしばし時間がある。
ちょっと散歩しつつブログ書いたり。
この近所に1軒レコ屋があることを知っていたのでチン入。
手前の方から掘っていると、店主は針飛びのテストを行っていた。
HERE COMES THE SUN…なるほど、B面で御座いますか。
ちょっとコミュニケーションしながら、無事に針飛びが修正される。
その後は盤の全体のチェックか、もしくは気を利かせてくれたのか。
一度始まったら最後まで聴くしかないのがこのアルバム。
やばい。凄すぎて帰れない…。
店内を入念に掘るしか選択肢がなくなる。

こうして見つけたのが
THE SONS OF CHAMPLIN – LOOSEN UP NATURALLY.
デビュー作、69年という条件でまず買うのは必須となってしまった。
ジャケットに小さく書かれた”FUCKIN” をレコード会社側が修正。
それをメンバー本人が剥がして売ったらしいという逸話付き。
同じ69年の「拝聴料」も込みでの購入。聴くのが楽しみです。
(ブラスロック + ジャム・サイケ性が入ったワイルドなサウンドでした)

ライヴはギリギリまで壱さんの体調の心配もあったものの
始まれば流石毛無氏。大人。サポート。大人。
氷で頭頂部を冷やすだけはある。
流石に私もライヴ4日目で疲れもあったけど、やればあっという間。
アンコールのボディエンソーはシュールだ…楽しく演奏できました!

終演後は数杯飲んで即撤収。
今日もYELLOW STUDS植木さんは優しい。優し過ぎる。
高野さん、ピクミンさんと1枚。腹。

SIGN OF THE HAMMER
このDEAD KENNEDYSのTシャツすごくよい。

買った食事を食べながらの移動。
勿論バーボンも出動。ソーダ割りが美味い…。
いい睡魔にも巡り会い、気付けば都内へ。
というわけでHEREの大阪・名古屋ツアーも完遂。
お疲れさまでした!

(これは完全に個人的なメモとしての画像なのでお気になさらず)

それでは、続きはwebで。チーン。

ドラムレッスン受講生随時募集中!
あの曲を叩けるようになりたい。ドラムを叩いてストレス発散してみたい…
未経験・初心者の方大歓迎!
経験者の方にはお悩み相談、基礎・ルーディメンツから
ツーバスやブラストビートといった専門的な演奏方法まで幅広くお応えいたします。

新宿HILL VALLEY STUDIOにて1時間4000円。スタジオ使用料込みです!
僕の愛器を並べてドラムキット2台でレッスンできます。
まずは無料体験レッスンからどうぞ!
⬇⬇⬇詳しくは⬇⬇⬇
https://www.rerure.com/lessons.php

-Daily
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

カメラロールで振り返る【空白の3ヶ月】2019年5月編

カメラロールで振り返る【空白の3ヶ月】2019年5月編 前提:更に各連絡・発注・デザイン・文章作成作業が付きまとっている。 5月1日 #STDRUMS & DEEPCOUNTでの西日本ツアー …

20180515 HERE + 私立恵比寿中学 + アルカラ + 9mm Parabellum Bullet + 流れ星 〜ハイテンションフェス2018〜 渋谷O-EAST 公演

週末はLOVE IS DEADのレコーディングへ向けてのリハ。 更にNECRONOMIDOLヨーロッパツアーへのリハ。 いつも人通り少ない道なのに、 双方から同じタイミングで自転車と歩行者がやってきて …

20190105 HERE みそフェス2019 名古屋CLUB ROCK’N’ROLL 公演

※レコーディングに向けて停滞しまくっていたライヴレポートブログ。 ほぼ写真のみですが振り返っていこうと思います。 元旦。 クラブで目覚め、一旦帰宅し実家へ。 小島聡選手との写真を発見。19年前…。 今 …

RICH FOREVER TRADITION 2023 完遂御礼

情報が先行する現代。相手への理想像を一方的に押し付けるようなディスコミュニケーションの日常で『俳優×音楽×映像』の即興ライヴとは、イメージできる枠組みから外れ、何が起こるかわからない “刺激” を求めたものだった…

20180915 HERE – TOWER RECORDS名古屋店リリースイベント at さくらパンダ広場【勝手に不眠不休ハードツアー記四日目】

おかしい。 振り返ればこのツアー日程。 連日のライヴこそあるが、そこまでハードでは無い筈だ。 しかし連日の不眠。 個人物販もそれなりに売れてくれている筈なのに(皆さまありがとう御座います!) マネーク …

Archives