METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums Daily

17/03/2024【憎まれっ子世に憚る十六巡目】at 西横浜EL PUENTE #STDRUMS

投稿日:2024年3月18日 更新日:


3月17日 (土)
西横浜El Puente にて『憎まれっ子世に憚る十六巡目』#STDRUMS 出演。SLIP HEAD BUTT, TERROR SQUAD, DEEPCOUNT, 享楽ツインテールの日、BAREBONES という説得力の強い出演陣。10代の頃によく一緒に遊んでもらっていた『ライヴハウスでの仲間たち』にソロライヴを観てもらえる機会があまりなく、授業参観発表会さながらのアットホームな環境。この提案ができるのも #STDRUMS 初のバスキングを目撃しているキャッツさんだからこその企画。

RICH FOREVER 2017” へ TERROR SQUAD と DEEPCOUNT を呼んだシンパシーも嬉しい。実力が試される限られた機材環境、ステージとフロアの境目ないこの距離感だからこそ生まれるエナジー。看板からフードまで、細部に行き渡るホスピタリティー。

SLIP HEAD BUTT は撮影を禁止にしてのライヴ。手元のデバイスから意識が離れるとぐっと集中力が高まり、目の前で行われている「ライヴ」の意味と価値が深まった。#STDRUMS は名前の通りハッシュタグ。全ての撮影を自由にやってもらいたい (=広めてもらいたい) 意識でいるが、新しく・しかし原点回帰な考え方が今の時代には必要なのかもしれない。個々人で考えて自然的に判断できれば一番いいのだけれども。

テクニックは有ることに越したことはないが、素晴らしいバンドや音楽家とは『替えが効かない音を出す』ことが第一条件。その人にしか出せない魅力が掛け算で集まり、唯一無二の音が形成されていく。無難に慣れてしまったミュージシャン、外面だけで中身を評価しないオーディエンス。世代やジャンルでの区分を取り払い、相手が相手を刺激し合える環境が文化形成の土壌となる。

昼から始まった宴会の終演後は関東組でグリーン車二次会を経て解散。最高な夜をありがとう御座いました。またお会いしましょう!

“真の” THE FIRST TAKE。ネジ倉庫での人力ドラムンベース。
SATURATIONS (with 原昌和 / the band apart)

それでは、続きはwebで。チーン。

-#stdrums, Daily
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

26/06/2022:Busking in Brick Lane / Broken wheel with THE STONES guy / #STDRUMS U.K.TOUR 2022

ああ、YUIS の家だ。朝7時頃に気付き、忘れ物に留意して家を後にする。幸い現居候先とのアクセスがよいためサックリ帰宅。まずは仮眠を取る。 10:30頃に起床。今日という日を何度と諦めようとしたか。し …

カクシンハンPOCKET05『夏の夜の夢』出演決定

ドラムレッスン記事のアーカイブ移行も終わりまして、 改めて引っ越しをしてからのブログ投稿となります。 劇団「カクシンハン」にドラムにて出演が決定しました。 カクシンハンはシェイクスピアを中心に活動して …

20210717 #STDRUMS + ALLESWITZ + 森脇ひとみ + End of Pollution + P.O.V 〜RICH FOREVER TRIP 2021『美しい星』〜 福岡ライヴハウス秘密

曖昧な記憶にて起床。 少し久しい長旅の初日は酩酊からスタートすることとなる。 早朝には意識を回復させ軽食を取った。 さてセットリストの組み立ても終え、昼過ぎに会場入り。 福岡市内はある程度どこも歩いて …

#STDRUMS【ONE MAN EXHIBITION 2024】新セッティングとテキーラ福岡編

ウエストへ向かうも時間が悪かったか並んでいるため、スーパーの鯵丼。九州はお惣菜もレベルが高い。スタジオでセッティング考察とウォームアップを経て四次元入り。ケイタくん、やいりくんとで音を作っていく…。

20181115 HERE + アシュラシンドローム + SaToMansion 〜僕らのHIGH TENSION DAYS 2018-2019〜 札幌SPIRITUAL LOUNGE公演

お昼頃に起床。 放し飼いで育った鶏の卵と冷しゃぶ。手羽中。 朝から最高です。 さて荷物を持って札幌市内へ。 実に好きなタイプの空。 15時にSPIRITUAL LOUNGEへ到着。 亞一人くんは既に「 …

Archives