METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums Travel

20180604 Compose…The Garratt Tavern. London,UK.

投稿日:2018年6月5日 更新日:

昼前に起床。
激しい1週間を過ごして迎えた月曜日。
ブログを処理しつつ昨夜のモチベーションを活かして作曲・練習。
作曲が思いの外進展して、気付けばもう21時。
うっかりバスキングにも行けなかったわい。

Earl’s Courtでのパブで偶然出会い、UKでの活動に導いてくれたMee.
(詳しくは当時のブログ参照…UKからだと閲覧制限がありリンク不可…)
連絡してみると、偶然にも家の近くのパブで働いていることが判明。
これは行くしかないと、バスキング終わりのJaviとTereを捕まえて家から歩いて15分。
道中でお誘いしたらしいKevinも合流。
広い店構えのThe Garratt Tavernにドレッドヘアーのタイ人を発見。

このGUINNESS.
バーテンダー・スティーヴによるもはや作品である。
Meeと当時・いま現在の話をする。
明後日のライヴも来てくれるとのこと。
ストリートから英国との繋がりを求めて始めた #stdrums
一歩一歩だが進んでいって、憧れのハコでの演奏を彼に見てもらえるのは感慨深い。

数杯ご馳走になって閉店時間にて解散。
とてもいいお店だし近いのでまた来るしかないな。

というわけで作曲と友人との再会でチルな1日。
明日は家が騒がしくなる予感…。

8月3日(金) 渋谷RUBY ROOM
〜RICH FOREVER SEMINAR Vol.2〜

#STDRUMS
TERROR SQUAD
ベーソンズ
GROUNDCOVER.

-OPEN 19:00 / START 19:30
-ADV ¥2000 / DOOR ¥2500

※出演アーティスト収録オムニバスCDを全員にプレゼント!(非売品)
チケット予約はコチラから

ドラムレッスン受講生随時募集中!
あの曲を叩けるようになりたい。ドラムを叩いてストレス発散してみたい…
未経験・初心者の方大歓迎!
経験者の方にはお悩み相談、基礎・ルーディメンツから
ツーバスやブラストビートといった専門的な演奏方法まで幅広くお応えいたします。

新宿HILL VALLEY STUDIOにて1時間4000円。スタジオ使用料込みです!
僕の愛器を並べてドラムキット2台でレッスンできます。
まずは無料体験レッスンからどうぞ!
⬇⬇⬇詳しくは⬇⬇⬇
https://www.rerure.com/lessons.php

それでは、続きはwebで。チーン。

-#stdrums, Travel
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

01/07/2022:Busking in Brixton / KARAOKE PARTY at The Hand In Hand / #STDRUMS U.K.TOUR 2022

6月も終わって金曜日。昨夜家主のディナーだったスパゲティーの余りを頂く。それぞれ具材が適度なサイズにカットされており、素材単体ではなく総合的な旨味とクリームが絶妙に絡んで美味い。 今夜は遊ぶ予定がある …

14/11/2022:#STDRUMS + nakaitoshifumi + Dead Pudding at 高松TOONICE 〜分離〜 #RBJT2022

10時のチェックアウトを済ませてカメイさんと合流。仕事とプライベートの2台持っているうちの片方の携帯電話を紛失してしまったらしい。ひとまず連絡は取れるということで移動を決める。 徳島駅にてnt と合流 …

20170904 #stdrums in SOCORE FACTORY, Osaka.

月曜日。 やはり全体的に記憶は曖昧である。 浮ついた感覚はまだ抜けない。 一昨日頭を打った。という話がどうも引っかかる。 2時間ほど掛けて、今日のライヴに向けたSEを製作。 行きのバスでのサンプリング …

ドラムソロ #STDRUMS 全国ワンマンツアー【ONE MAN EXHIBITION 2024】今週からスタートします。

身体を鼓舞するドラムという楽器の力強さ、ビートの音圧・波動、そして没入感…。#STDRUMS は圧倒的にライヴで体感すべき表現と音楽にこだわり続けています。情報ではなく、目の前で発生している現象こそに真実が在る。全通必至!の、それぞれ公演内容をご紹介いたします。

20190616 #stdrums in Brick Lane Market. Whetherspoon, Liverpool Street. Churchill’s. London, U.K.

確か朝の7時頃。 気がつけば誰もいなくなっていた。 帰巣本能のような形で一旦ベットへ。 10時にアラームで目覚める。おお…これは眠い…。 昨日の宴を片付けて12時過ぎに家を出る。 日曜日はBrick …

Archives