METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums Daily

20210416 #STDRUMS + TOSHI NAGAI 〜RICH BUDDIES vol.5〜 渋谷RUBY ROOM

投稿日:2021年4月17日 更新日:

先週は【ベッド・イン】サポートにて “ERIBONFES2021” へ出演。
【平沢進+会人(EJIN) 24曼荼羅】のスネアカウントも手段を選ばず。
まさかのコラボレーションを展開しながら代官山UNITを大いに満喫した。

翌週の16日、金曜日。
曲のアレンジは昨夜までに留めておいた。
昼間に曲順を組んで荷造り。
次回vol.6のフライヤーデータも急いでこしらえ準備完了。
16:30に渋谷RUBY ROOM へと到着。

ここからはいつも通りの段取りとなる。
TOSHIさんのサウンドチェック中にコンビニでフライヤーの印刷。
ほら、作ったデータが入ったUSBメモリーを家に忘れてきた。
そういう可能性も加味して携帯にもデータを入れておくものだ。
自分を信用しないことが成功のカギである。

【RICH BUDDIES】も5回目。
バンドが動かなくなってもドラマー1人ならライヴができる。
世情に応対しながら打てる策として始まったドラムソロ・ツーマンイベント。
どういう理屈か、終業時間が早まれば、対面式ノンストップギグに変更。
ここまで臨機応変・柔軟に対応をしてきた。
しかしvol.3, 4, そして今回のvol.5。
全てが直前の営業時間変更。
店舗側が望んだことでは、勿論ない。無論、あるわけない。

「不本意だとしても、アンタの言うことなら従うよ。」
事前の信頼関係があるからこそ、無茶な要求が成立する。
これは、なんだ?
鉛筆の角に数字を書いて転がした結果のような政策ばかり。
いや、政策という言葉を使うには政策さまに対して失礼である。
日本の政治家・官僚になるためには、頭を使えない能力が必要なのだ。
無能が無能という能力を遺憾なく発揮し、ヌルヌルと仕事を全うしている。
なんと美しい。

お国さまの見事な応対のお陰で、平日18:30から “TOSHI NAGAI” のパフォーマンス。
TOSHIさんとは RICH FOREVER SEMINAR vol.3 に偶然居合わせて知り合った。
昨年12月に再会したときの弾みでお誘いし、今日のvol.5への出演が決定。

(写真:高畠正人)
同期音源など仕掛けは一切無し。
ドラムのみのTOSHI NAGAIワールド。
ドーム級の演奏をそのままRUBY ROOMでぶっ放す。
上手い下手でも、モチベーションでも、性格でもない。
見てきた景色と経験だけは『やらないとわからない』唯一無二の蓄積なのである。
実は先週も会合する機会があり、酔い酔いの最中TOSHIさんの真髄を得たばかりである。
TOSHIさんは東京ドームの楽屋に入ると「家に帰って来た気持ち」になるらしい笑。
広大なスケールのドラミングをあの距離感で体感できたオーディエンスは幸運だ。

あんなドラマーがライヴハウスのバンドで叩いてたらビビるよ。
起伏とストーリーをドラム1台で築き上げる。
終われば丁度予定の30分。彼は時計を見ずにキッカリと持ち時間を終わらせた。

(写真:高畠正人)
#STDRUMS は先々週のNEPOを経ての演奏。
20時終演という時間制限に苛まれながらのセッティングは不本意極まりない。
新生 #STDRUMS 2回目の演奏は、有機的になった分精神面が影響することも判明。
荒ぶった演奏をお送りいたしました。

(写真:高畠正人)
つまり【平沢進+会人(EJIN) 24曼荼羅】のスネアカウント動画の録画ボタンを押し忘れたのも。
ライヴ中にセンサーがスネアから外れてしまっているのも。
全部国のせい。だ!
そう断定することで、自らの失態へ恥を上塗ることとしよう。
お詫びとして24曼荼羅とTOSHIさんのコラボ写真をどうぞ。

(写真:高畠正人)
TOSHIさんにもご了解を頂き、開演を早めてなんとか終了したvol.5。
それでも私は、継続していくことを選択する。
諦めさせることが目的とさえ、感じられるからである。
ご来場頂いた皆さま、スタッフの皆さま、そしてTOSHIさん。
ありがとう御座いました。

次回vol.6は “Violent Chemical” の登場。
CROSSFACEを始め様々なバンドを牽引するドラマー、チンウィルによるソロプロジェクト。
彼のドラムは本当に刺激的で、創作意欲が駆り立てられる。
ドラムソロ同士の『対バン』をどうぞお見逃しなく。

ご来場希望のお客さまには恐れ入りますが、開演時間は未定。
通常でしたら19時を予定しております。
恐らく開催1週間ほど前には決定できると思いますので、暫しお待ちください。

こうして4月、残るは【平沢進+会人(EJIN) 24曼荼羅】大阪での本番。
終わりに併せて、#STDRUMS と まちゅこけ によるツアーが始まります。

それでは、続きはwebで。チーン。

6月18日(金)
渋谷RUBY ROOM
RICH BUDDIES vol.6

#STDRUMS
Violent Chemical

ADV- 1500円 (+1D) / DOOR -2000円 (+1D)
*開演時間未定(予定19:00)

▼予約▼
https://www.rerure.com/blog2/ticket

-#stdrums, Daily
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

#STDRUMS【ジップパーカー】&【オーダーメイドTシャツ】ご注文は今週末締切!

Twitterのみでの告知となっておりましたが #STDRUMS – LOTUS ROOT 受注生産ジップパーカーと 色を選べるTシャツキャンペーンの締切が今週末までとなります。 オーダー …

20190330 DEEPCOUNT(drs:#STDRUMS) + PIGMEN + The Naokqi Doodah’s dADaPhONiCs feat.Moofire + Yaggy Digtal + 火炎瓶テツ + automatic tombo + DJ HIDE 〜降りしきる夜〜 高円寺SHOWBOAT公演

渋谷Circusでのイベントを終えて 翌日は高円寺SHOWBOAT. DEEPCOUNTでのライヴです。 DEEPCOUNTに於いては『サポート』という言葉でもなく しかし正規メンバー?とも言えない面 …

20190201 HERE + Outside dandy + 鳴ル銅鑼 + いとまとあやこ + wagomu + MACVES 〜 MUSiC A HERO Of JAProck マヒロの恩返し・MO醤仕立ての酒漬けおじ様を添えて 〜 名古屋新栄SiX-DOG公演

水曜日。 ドラムレッスンを終えたあと、受講生の方と軽く飲む。 終電の事情で先に返られたため残ったものの処理。 隣で大学生2人組がバンドトークをしていたので混ぜてもらう。 ライヴを観に行くのが唯一の楽し …

Five days running exhibition Day.5 〜20190924 #STDRUMS + UHNELLYS + URBANフェチ + フルー 〜SANDWICH PROJECT.〜 渋谷HOME編〜

9月24日 この感覚。久し振りの我が家だ。 早速セットリストを組み上げる。 パソコンでの編集作業…もう一歩フットワークが軽いといいのだけど。 元が軽過ぎだのだろう。 今日はUHNELLYSとURBAN …

20180507 HERE + Outside dandy + それでも尚、未来に媚びる + RED in BLUE + GRAND STAND 〜君をハイテンションにするツアー2018〜 新潟CLUB RIVERST 公演

気付けば朝を迎えていた。 荷物を纏めてメンバーと合流。 設備の整った大変いい宿であった。 して、何故またここに来ているんだ。 『そば処小木曽製粉所』ラウンド2。 本日は中盛り也。 昨夜の「無駄な2時間 …

Archives