METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums Travel

20170914 #stdrums in Brixton, London.

投稿日:2017年9月15日 更新日:

午前中に起床。
メインの充電器がないため、アラームが掛けられない…なんとかせねば。

日々ブログ、ブログいっている状況。
VPNという閲覧制限も手伝って、更新が非常に厄介な環境。
ようやくその手段を見つけだし、只管アップロードを続ける。
このループ…果たしてこの場でやるべきことなのだろうか…。

Nathan, Billも起きてきて、UNDERGROOVELANDの活動について訊いてみる。
勿論彼らには彼らの言い分があるようだ。
一方通行では問題を起こすことすらできないのだから。

適度に切り上げて昼過ぎからバスキングに出向こうと思っていたのだが、
彼らとの話も時間と共に進んでしまう。
そうだ、この場所では自分の明確な意思が必要なのであった。
気付けば16時。
Nathanは別のバンドのリハがあり路上には出られない。
Bill, Javiと再びBrixtonへ向かうこととなった。

到着するとラスタマンが陽気な演奏を行なっていた。
30分後には交代してくれるとのこと。
待っていると、横断歩道を急に塞いでのデモ行動。
ワイヤレスマイクが不調で何を言っているか伝わらない。
今日もBrixtonはBrixtonな様子。

19時前に我々の演奏がスタート。
やはり、何かが噛み合わない。
Javiの自由さがよくない方向に行っている印象を抱く。
外側から自分らを見られていないような。
しかし宣伝はしなければならない。

21:30ごろまで演奏して終了。
オーディエンスが少ないという事実はあるだろう。
「演奏したい」という発言と、対するモチベーションが噛み合っていないのでは。
スペインから周囲に頼りまくってしまっている自分に反省しなければ。
ここはロンドン、自分で動ける土地。
1人で切り拓いてきたからこそ彼らとの出会いもあった。
もっと行動する必要がある。
加えて連日の疲れが取れていないのもある。

ギリシャ人Alexが連絡をくれて会おうと言ってくれたのだが、
上のような状態だったため、パブで一杯だけ飲んで帰宅することにした。
Kronenburgを1缶貰い、早々に就寝。
明日はライヴなので、その前は路上ライヴするぞ!

続きはwebで。チーン。
£11.7

-#stdrums, Travel
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20190615 #stdrums in Portobello Market. Earl’s Court. London, U.K.

11時頃に目覚める。 休息を求めているが、計画上ではやや寝過ぎてしまった。 荷物を持ってバスに乗る。Sainsburyでミールディールを買って電車へ。 思い返してみると週末日曜はBrick Laneに …

#STDRUMS まとめ(2019年12月現在)

#STDRUMS もくじ #STDRUMSとは ツアーブログアーカイブ 音源作品 映像作品 プロジェクト・インタビューなど RICH FOREVER SEMINARとは 呼鳴手とは Javi Pére …

20190621 The Red Lion & Pineapple, Acton Town. #stdurms in Earls Court, Clapham Junction. London, U.K.

クリムゾン宮殿にどっぷりと浸かった2日間。 6月21日 金曜日。 昼前に起きて作曲を少し進め、昼食。 こっちは小麦粉・乳製品が安いのでチーズもガンガンいけます。 イギリスの老舗レコードショップ “Si …

20190630 Last busking… #stdrums in Brick Lane. London, U.K.

寝苦しい熱帯夜を乗り切り日曜日。 よく起きた。今日は行かなければならない。 最後の日曜日。Brick Laneだ。 スケジュールとしても今季最後のバスキングとなるだろう。 手持ちのレコードはあと3枚。 …

20170921 RECKRESS RECORDS, Music & Video Exchange. #stdrums in China Town. London, UK.

午前中に起床。 Billも今日バルセロナへ帰る。 Nathanは朝早くからツアーに出てしまったと思いきや、機材を取りに帰ってきた。 UNDERGROOVELANDの3人はそれぞれ別のものを持っている。 …

Archives