METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums Travel

20191019 #STDRUMS + GIBBERISH + BLISTERED TENTACLES Shows on: Edinburgh Castle(Brunswick). Bar 303(Northcote) Australia.

投稿日:2019年10月20日 更新日:

お昼前に起床。
Mashとなんとなく約束したお昼のバスキングはやはり無理があった。
今日は2本ライヴがあるため、ブログなりしばし作業タイム。

同居人のヴィーはパンクバンドをやっていて、数年前にBataljというバンドで
SETE STAR SEPTと共にヨーロッパツアーをしたのだとか。すげぇ繋がりだ…。

Keoghに宿代としてLPやTシャツを渡すと
じゃあ靴と交換な!
なんとまあ。…グッズと靴を交換したのは生まれて初めて。
いやしかし、これがまたいい靴なんだ。想定外のお土産が手に入った。

夕方の会場は昨夜のOUSSOUの向かいにある。
機材は当日回収したら?という意味が今になってわかった。
雨が降ったり止んだりの天候。運悪く出たタイミングに一撃食らった。
20分ほど歩いて会場のEdinburgh Castleへ到着。

OUSSOUと同様、野外でのステージ。いい雰囲気。
Keoghはこういった場所との繋がりが多い。
今日もGIBBERISHとのセッションだが、ジェームズは体調不良で来れなくなってしまった。
夜のライヴはどうなる…?

セッションは昨夜に引き続きグッドヴァイブレーション。
Urチーム”BLISTERED TENTACLES” も自然にハマるようになってきた。
考えてみれば先週から一緒に音を出しているので、バンドとしても厚みが出てきている。
BUDGIEパーカーを着たイケイケな男、Joeもご満悦の様子。
彼もドラマーで、しきりに「今日ウチにレコード聴きに来いや!」と誘ってくれた。分身かな?

Adamチームも合流してくれて、一度家に戻りドラムキットを車に積む。
本日2件目のBar 303へ20時頃に到着。
ちゃんとステージがあり、フロアも広くていいハコだ。
ビール片手にゆっくりセッティング。

スネアが生きていたのでサブにストリートの12インチを投入。
どのドラムキットもタムが生きてるのはありがたい。
ハイハットスタンドはやはりどれも怪しい。
細かい部品が揃っている状態のクラッチをこれまで海外で見たことがない笑。

さて開演は21時だが、まだBLISTERED TENTACLESチームが現れない。
GIBBERISHは書いた通りジェームズ欠員でKeoghひとりの状態。
Ur Sea達が到着するものの、機材トラブルがあり22時に演奏開始。
こんな状況なので当然フロアはガラガラ。
こういった点は今回のツアーで強く思い知らされた。プロモーターが必要だ。

結局彼らはセッションとなった。
サンプリングを作ったあとドラムを叩き始めたり
プリミティヴでよいライヴだった。
最後の1曲に僕も参加して終了。

#STDRUMS はこれまでのセッションを投影して
ストリート用の細いスティックで叩いたのが功を奏したのか
リラックスして演奏することができた。
終わるとある程度のお客さんがフロアに集まってくれていたのが嬉しかった。
(フードを被っているのでフロアの状況は最後までわからない)

Tシャツを買ってくれる方もチラホラ。ありがとう!
撮ってくれた人へ:暗闇にも程があるやつです。

こうしてオーストラリアでのライヴは完遂。
気も緩む。ビールも進む。
バーマンのスペンサーも喜んでくれた。

ニュージーランドの乾杯は
『キャオラー』
正しくは
『キャオラー・ティヘーイ・マウディオラ』
GIBBERISHの他メンバーから教えてもらった。
ティヘーイをいくらでも伸ばしていいのがポイントらしい。
ニュージーランド人に会ったら試してみよう!

フロアは開放状態だったのでipodを繋いでDJ大会。
深夜のDAFT PUNK最高だったな…。

26時くらいに機材を積んで家へ戻る。
GUINNESSを飲もうとしたものの体力の限界。オーバーリミット。
明日も早起きをしなければならない。

2019年9月27日(金) / 渋谷RUBY ROOM
【RICH FOREVER SEMINAR vol.7】

#STDRUMS
Bi-syu (河内大和×横井翔二郎)

OPEN -18:30 START -19:00
ADV -2000yen DOOR -2500yen
※オールスタンディング(立ち見)

◆入場者全員に特製CDプレゼント! (非売品)

チケット予約:
10月25日の20時よりスタート。
↓↓↓予約専用フォーム↓↓↓
https://www.rerure.com/blog2/rfs7_ticket
(※予約開始までアクセスできません)

それでは、続きはwebで。チーン。

ドラムレッスン受講生随時募集中!
あの曲を叩けるようになりたい。ドラムを叩いてストレス発散してみたい…
未経験・初心者の方大歓迎!
経験者の方にはお悩み相談、基礎・ルーディメンツから
ツーバスやブラストビートといった専門的な演奏方法まで幅広くお応えいたします。

新宿HILL VALLEY STUDIOにて1時間4000円。スタジオ使用料込みです!
僕の愛器を並べてドラムキット2台でレッスンできます。
まずは無料体験レッスンからどうぞ!
⬇⬇⬇詳しくは⬇⬇⬇
https://www.rerure.com/lessons.php

-#stdrums, Travel
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20171214 Tokyo to Los Angeles – NECRONOMIDOL & ZEROSHIKI US West Coast Tour.

数ヶ月振りに部屋の掃除を始めた。 洗濯物や細々した整理は勿論のこと、 キッチン周りや風呂場・トイレも入念に掃除する。 年を跨ぐ前の慣習として行われることの多い大掃除だが、 僕の場合は旅の前日を意味する …

20180609 NECRONOMIDOL + X Made Alcoholic Santaclaus 〜BLACK WINDS OVER THE CONTINENT〜 La Boule Noire. Paris, France.

昼前に起床。 割とよく眠れた気がする。 やや曇り空のパリ。 部屋が半地下というのもあって外気が気持ちいい。 昨日のルーティンよろしくで昼飯の準備。 同じパン屋でバゲットを買う。 目先ではまさみちゃんが …

#STDRUMS – STLOG 2019 リリースしました。

STLOG 2019 というわけで #STDRUMS 新作を無事にリリースすることができました。 ロンドン滞在中に作曲→録音をしてみようという旅の記録(LOG)シリーズ。 向こうの友人がスタジオに住み …

20210130 #STDRUMS + CROSSFACE 〜ULTRA VIBES vol.1〜 初台WALL

「もしもし、ユージくん。突然だけど、明日ライヴできない?」 「OK!」 1月29日。 近付いているスタジオワークへ向けて追い込みを掛けていた。 明日は横井翔二郎バースデーイベントの生配信。 これを視る …

20180617 #STDRUMS Recording day2 at Hermitage Works Studios. SECRET SURPRISE Celebration at China Town, Leicester Square. The Last night in London. UK.

朝8時に起きたかったものの、流石に体力もギリギリ。 8時半に身体を上げて、シャワーだけを浴びてそのまま外へ。 一昨日手に入れたサンドイッチがここで役に立つとは…。 #STDRUMS レコーディング2日 …

Archives