METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums Travel

20180614 #STDRUMS in Westminster. Reckless Records, Rat Records, Sister Ray Ace. Joel Sarakula concert in Sebright Arms. London.UK.

投稿日:2018年6月15日 更新日:

お昼頃に起床。やや二日酔い…。

食材があまり揃っていなかったので、カルボナーラらしきものを作る。
色々わかっていなかったので次作に活かそう。

今日は同タイミングにイギリスに来ているカメラマンえみだむにご同行頂きアー写撮影。

WestminsterはBig Ben。なんと工事中で全然かっこよくない…。
構図を試行錯誤しながら何パターンか撮影。
この風貌なので周りとは楽しくコミュニケーション。
クリムソンTシャツに反応してくれたドイツ人のアクター。幼児向けのピエロなどをやっているそう。

乗ったら最期だろ…。

道中どのようなチャンスが現れるかもわからなかったので、
夏のロンドンでフードを着たまま街を動く。
イメージをもっとちゃんと作っておくべきだったな…。
それでも歩きながら街を発見していくのは楽しい。
Oxford Circusまで向かいSister Rayへ。
NECRONOMIDOLのインストアイベントがあったらしく挨拶をしにきた。
何やらキョトンとしている様子。どうやら別店舗の方のイベントだったらしい…!

「仕方ないので」仕方なく向かいのReckless Recordsへ。仕方ない。
Death Side Tシャツを着ていた店員トムは今日もDeath Sideを着ていた。
話すと、なんとUKツアーのオーガナイザーだったことが判明。It’s a small world…

G.A.T.E.Sも発掘。数点購入して店を後にする。

荷物もないタイミングなので今日しかないと、バスを乗り継いでDenmark HillはRat Recordsへ。
この前Vauxhallで遭遇した店員さんを再会。新作も渡せたので聴いてくれるといいな。

扉には #STDRUMS のステッカー。ちゃんと貼っていてくれたんだな…。
数年探していた盤を遂に発見してしまい56596704年間ほど悩んで購入。
この悩みは今日のこの後に響くこととなる。

この足で今度はOld Streetまで。Nathanが住んでいたパブが懐かしい。
Shoreditchの方まで歩いてSister Ray Aceを発見。
今度は話も繋がり無事に店員さんにCDを渡せた。

ネクロ魔のDEATHLESSも無事発見。

写真撮影に各レコ屋巡りとなんやかんやでよく歩いた1日。
数駅バスに乗ってSebright Armsに到着。
Joel Sarakulaのライヴを観にきた。

まだサウンドチェックも終わってないとのことで一服。
Joelとも会えた!初めて観てから4年。ちょっと老けたなぁ…笑。
Rat Recordsの袋を持っていたら「最高のレコ屋だ!」と反応してくれた。
どうやらこの近所に住んでいるらしい。

地下にスペースがあるタイプのハコ。
割と設備もしっかりしているからか、入場料は£10と少し強気。
ロンドンの中心部はこのくらいの金額を取らないとやれないんだろうな。
日本のライヴハウスはどこも入場料が高い印象があるが
土地代とハコの設備(初期投資)をみれば納得もできる。
それだけ「騒音」に敏感な国ということ。
だからこそ内容で勝負せねば。
バンドが始まるまで作曲とブログに充てる。

1番目(調べても出てこない…)はコーラスワークがキレイなフラワー系のロックバンド。
フロアの笑いも取りながらマイペースに進行していく。
こういったフワッとしたバンドでもしれっと複雑なアウトロを決めたりするから面白い。

転換がありJoel Sarakula.
気付けばツインギターにサックス・ボンゴ・フィメールコーラスまで!
大所帯になっていて驚き。
初めて観た時はJoelがリードKey,ベースKey,ヴォーカルという
1人三役のベースレス・スリーピースだったので尚更。
(余談だがその夜のカムデン地下鉄エスカレーターでの出会いが僕に路上ライヴを目覚めさせる)
一部パートが抜けたり入ったりで進行。曲はほぼ新作か前作Imposterから。
グラムなオールドスクール感は残りつつもディスコファンクの方向性になっていた。

ドラマーGENOのスネアのピッチが心地いい。
あとで聞いたところ財布を置いてミュートしていたとのこと。
ポケットに入るタイミングも、シンプルだけど踊れる抜群のグルーヴ。

約1時間の演奏からのアンコール。
一昨日1人でロンドンを歩いたときと似た感覚。
「いまイギリスにいる実感」をこの空間で存分に味わった。
4年間とは人だけでなく環境・状況。全て変わるには充分すぎる時間。
過去とはすがるものではなく、思い出として共有していくのが健全だ。
この今を見て、生きていかなければならない。
なにか新たなる可能性を垣間見れたライヴ。

このレコードを買うためにATMへ。
UKでの路上ライヴ生活では初の持ち出し…家にはまだ貯蓄があったのになぁ。
とはいえこのアルバムは日本へ持ち帰らなければ。
今作は日本のTOWER RECORDSでも買えるようになるのだとか。
是非日本でもツアーをしてほしい…あわよくば叩かせてくれないかな笑。
余ってしまったビールもオマケで頂いてお別れ。

メッセージまで書いてくれたサインを見直しながらバスに揺られる。

荷物がないので2階から夜景を楽しみながらの帰宅。

ハコでいじった曲展開を整理しながらベッドへ。
こんな状況なので明日は路上ライヴを余儀なくされなくなった。
しかしこの決定が、今回の旅に於いて大切なポイントとなるのである…

8月3日(金) 渋谷RUBY ROOM
〜RICH FOREVER SEMINAR Vol.2〜

#STDRUMS
TERROR SQUAD
ベーソンズ
GROUNDCOVER.

-OPEN 19:00 / START 19:30
-ADV ¥2000 / DOOR ¥2500

※出演アーティスト収録オムニバスCDを全員にプレゼント!(非売品)
チケット予約はコチラから

ドラムレッスン受講生随時募集中!
あの曲を叩けるようになりたい。ドラムを叩いてストレス発散してみたい…
未経験・初心者の方大歓迎!
経験者の方にはお悩み相談、基礎・ルーディメンツから
ツーバスやブラストビートといった専門的な演奏方法まで幅広くお応えいたします。

新宿HILL VALLEY STUDIOにて1時間4000円。スタジオ使用料込みです!
僕の愛器を並べてドラムキット2台でレッスンできます。
まずは無料体験レッスンからどうぞ!
⬇⬇⬇詳しくは⬇⬇⬇
http://www.rerure.com/lessons.php

それでは、続きはwebで。チーン。

-#stdrums, Travel
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20180530 London to Bilbao, San Sebastián. Pinyudi Bar. Spain.

深夜2時に家を出る。 少し離れたバス停まで歩きVictoria駅へ。 直通のバスへ乗り換え、5時過ぎにStansted Airportへ到着。 日曜日に起きたバルセロナへの悲劇はこのブログの読者には記 …

20180720 #STDRUMS + Monoral Zombie + THE SYNDIKATE7 + エレクトリックマングースUFOファクトリー + BEAK(from NICOTINE) + camellia 〜Dig Up! Your WonderLand〜 新宿Wildside Tokyo公演

カクシンハンの稽古が続く日々。 気付けば7月も後半に差し掛かっており、 自分の中に停滞し続けているタスクの消化不良に焦る。 やらなければならないこと。とはどうしていつもこのような矛盾を生むのだろうか。 …

#stdrums でツアーを行う意味とTシャツ・CDプレゼントの理由

昨夜は個人練習→リハ→レッスンとスタジオでバシバシ叩いて、 (しかしエンドから折れるとは…) その後の路上ライヴも大変いい調子にやれて、 嬉しいことにイベントチケットも売れました。 このモチベーション …

20180503 #STDRUMS + DEEPCOUNT + ゆーの + Kei Toriki + TERROR SQUAD 〜RICH FOREVER SEMINAR Vol.1〜 渋谷RUBY ROOM公演

稲毛でのライヴを終えて、前日は散髪へ。 いつものお店を訪ねてみるとヴァイブスが合わない方がいたのでまたの機会、 というか明日に改めることとする。 ついでに魚屋さんでいい具合の鯵と野菜を数点買って帰る。 …

20180521 #STDRUMS + 堕ノ藏 + tbtS + コミュニケーションズ 〜 #STDRUMS FUSION PUNK MACHINE EP RELEASE LIVE〜 大阪・心斎橋HOKAGE 公演

金曜日の朝便にて東京から大阪へ。 道中では隣席のニュージーランド人Darrenとワイワイ。 午前中は曇りだったが、名古屋辺りでは快晴。風も強い。 20時頃に大阪へ到着。気温もぐっと下がっていた。 Da …

Archives