METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Daily

20190319 HERE + BUGY CRAXONE + みるきーうぇい 〜Zher the ZOO 14th Anniversary “3月のハレチカ”〜 代々木Zher the ZOO公演

投稿日:2019年3月20日 更新日:

渋谷サイファー祭りを終えて翌日。
意外とすんなり起きることができた。
大量に作った『肉を甘辛く炒めて好きな野菜を入れて水溶き片栗粉でとろみを付けたやつ』
が美味い。いわゆる魯肉飯のようなものであろう。

お昼過ぎに機材車へ合流して移動。
ここ最近は遠征ばかりだったので、代々木への到着スピードに呆気なさすら感じる。
会場に入るとジャキジャキした鋭いギターとドラムの音が耳を掻く。

我々のサウンドチェック…。
…ん?

OHHHしまった。
ドラマーとして3大持込み機材といえる
スティック・ペダル・スネアのうち、スネアを家に忘れてしまった。
先週のDEEPCOUNTで使っていたんですな。
機材車に大概積みっ放しなため、チェックを怠っていた…。

というわけでお店のPearlをお借りする。
幸い問題ないコンディションで助かった。
たまにヘッドやスナッピーなど、消耗品が死んでいる可能性があるため
スネアは音の最低限保険として持ち込むわけです。
(一方、その場にあるもので理想を探して行く作業も、それはそれで燃えるのですが…)
余談ですが海外ではまず持ち込まないとエラいことになります。
ミュートなど試行錯誤をしてバンドに合うサウンドを探す。

家で食事は済ませていたため、物販を組み立てて開場。
HERE物販でも渋谷サイファーの音源を置かせて頂いています〜。

代々木Zher the ZOOの14周年記念イベント。
我々HEREは1番目。
横に広く・規模はありながらもステージとの距離は近い少し不思議な作りで
セミ・アコースティックなバンドが合いそうなイメージ。
HEREはゴリゴリの音圧で埋めていくバンドなので、どう映ったか。
スネアも無事によく鳴ってくれた。

数年前にバーで出会ったオーストラリアンのLaurenとAdam。
このタイミングで日本に来ているということでライヴに遊びに来てくれた。
ポップなバンドだよ〜という前振りをしておいたわけだが
終わったあと『全然ポップじゃないやんwww』というツッコミ。
確かにそうか…。かなり満足してくれたようでよかった!

2番目は大阪から『みるきーうぇい』
女性ヴォーカルのトリオで、煌びやかなシンバルがよく鳴っていた。
(まさにこれこそが音質を保証するためのシンバル持ち込みである)

トリは『BUGY CRAXONE』
インビシ時代からの北海道の先輩ということで
サウンドチェックから楽しみにしていたバンド。
突っ走るドラムと支えるベースに鋭いギター。
これぞ北の大地サウンド。こればかりは説明できないが、確信はある。
オリジナルメンバーではないドラム山田さん・ベース旭さんも北海道出身。
強烈な一体感。『バンドの良さ』全開の素晴らしいライヴ。やられた…!

良い演奏を観れた後は酒が美味い。
機材を片付けつつハコで打ち上げ。
ブッキングして下った田代さんと話をしつつ、
BUGY CRAXONE 旭さんも「もう1杯」と続き
シュウちゃんもすっかりいい感じでGUINNESSを嗜みつつ…。

25時頃に近所のラーメン屋へ。
毛無氏は飲み過ぎでギブアップ帰宅。珍しい…笑。
サクッとシメて帰路に着くのでした。
お疲れ様でした!週末はワンコインワンマンツアーです。

※この翌日の夜、Lauren, Adamと改めて飲み。
Adamはレーシングが趣味で、バイク好きのオーナーの飲み屋で
モニターで流れるレース映像をご機嫌そうに眺めておりました。
彼らは母国のオーガナイザーにツテがあるらしく
#STDRUMS オーストラリアツアーの可能性が…?

それでは、続きはwebで。チーン。

2019年4月22日 渋谷RUBY ROOM
RICH GOLDEN STREET vol.2

#STDRUMS
DEEPCOUNT

-OPEN 19:00 / START 19:30
-入場無料 / 2drinks order(1000yen)

ドラムレッスン受講生随時募集中!
あの曲を叩けるようになりたい。ドラムを叩いてストレス発散してみたい…
未経験・初心者の方大歓迎!
経験者の方にはお悩み相談、基礎・ルーディメンツから
ツーバスやブラストビートといった専門的な演奏方法まで幅広くお応えいたします。

新宿HILL VALLEY STUDIOにて1時間4000円。スタジオ使用料込みです!
僕の愛器を並べてドラムキット2台でレッスンできます。
まずは無料体験レッスンからどうぞ!
⬇⬇⬇詳しくは⬇⬇⬇
http://www.rerure.com/lessons.php

-Daily
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20181013 HERE + Yellow Studs + SaToMansion 〜僕らのHIGH TENSION DAYS 2018-2019〜 岩手・盛岡 the five morioka公演

金曜日は路上ライヴ後にLOVE IS DEADテツさんと御天へ。 翌日に控えている 最新アルバム”LIFE”のレコ発のため東京に前乗り。 このアルバム、全曲ワタクシが叩いております。 VOIVOD + …

20180715 HERE + Yellow Studs 〜11代目梅雨将軍2man series「死ぬくらい言葉にならない将軍」〜 池袋Adm公演

昨夜のリハーサルは盛り上がった。 この数本のライヴからあがったベースのサウンドについて。 バンドが求めている音。とプレイヤーが好きな音。に差異があるのはよくあること。 例えば僕のLudwigはHERE …

20190105 HERE みそフェス2019 名古屋CLUB ROCK’N’ROLL 公演

※レコーディングに向けて停滞しまくっていたライヴレポートブログ。 ほぼ写真のみですが振り返っていこうと思います。 元旦。 クラブで目覚め、一旦帰宅し実家へ。 小島聡選手との写真を発見。19年前…。 今 …

20171215 NECRONOMIDOL + ZEROSHIKI + IRON BUTTERFLY + HYPNOSIS + PHANTASMATA + INTENSITY + WILY SAVAGE – Live at Whisky A Go Go. CA. – US West Coast Tour.

朝6時に起床。 どんなコンディションでも海外に来た翌日は早く起きてしまう。 ブログを書きながらコーヒーと共に晴天のカルフォルニアの夜明けを眺める。 お犬さまも何気なくご登場。いたんかい。 朝食を作って …

ロバートフリップ風日記③ カクシンハン『タイタス・アンドロニカス』

2017年8月16日(水) (この日も自宅から始まる) 14:50 起床。 15:00 ご飯を炊く。 15:05 シャワー。 15:40 食事。五目麻婆。 15:50 移動。Coldplay &#82 …

Archives