METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Daily Travel

17/09/2023 : Busking in Brick Lane / Meeting Bosche / Turkish dinner / #STDRUMS U.K.TOUR 2023

投稿日:2023年9月18日 更新日:

パーティーの余韻で寝付きが悪かったものの、9時に起床。曇り空の下、良質なダンボールが落ちていないかを探して周るものの見当たらず…バスキングに使う椅子の話しです。

家にあるものを改めて探してみると…

レモンが入っていたと思わしき木製のケース。材は薄く華奢ではあるが、座れなくはない…?スピーカーを保護するような形でスーツケースにもなんとか収まりそうだ。崩壊を前提に持っていくこととしよう。

TESCO でミールディールを手に入れ北へ向かう。車内で音楽の話しをしている人々がいて加わると、なんと GOLDIE の出演するフェスに行くとのこと。バンド編成での GOLDIE は今期なんとしてでも観たい。単体だったら選ばない手段はなかったが、昼からのイベントでチケット代も高いため諦めざるを得ない…この『近さ』こそがロンドンの魅力。

London Bridge からバスに乗ると何故か Liverpool Street で降ろされ、別のバスに乗って Brick Lane へ。近づくたびに見覚えのある光景が増えていく。

メインスポットを無事に確保。天気も回復してモチベーションも高い。

因みにロンドンとは、スーツケースを広げてセッティングしているだけでチップが入る国です。(やや珍しい現象)

というわけで、レモン箱椅子は果たして耐えうるか…奇しくも昨夜はパイプ椅子で叩いたため、ほぼ同じ高さでセッティングできた。

アンプというのは多少の無理が効くように作られているのだろう。JBLスピーカーは太い低音が魅力。ベースが効く曲がばっちりハマる。

最初の1時間ほどは環境に溶け込むようにバスキング。機材がまだ安定していないのもあり『点』が見えにくい、中途半端な演奏になっているような気がしていて、後半からはしっかりと当たるポイントを出していくと、集中力に比例して反応がよくなっていくのを実感した。

途中大雨に見舞われたが屋根のあるメインスポットに抜かりなし。雨宿りの人々へ向けてガンガン叩きまくる。よい演奏をすればいいだけ。

「自分を信じているか」
演奏に集中する喜び。音楽とカルチャーの立ち位置。私はこの国の反応の感覚を求めているのだろう。mind the gap という楽曲は8年ほどの経過を経て『敬意』から『歓迎』へと持つ意味の変貌を遂げたように思えた。継続とはソロ活動にこそ与えられた命題なのかもしれない。

こうして12時から17時前までバスキングし続けて店じまい。レモン箱は軋みながらも保たれている。ギリギリに現れた Peter も相変わらず元気そう。

チュロス屋の Tom とも無事再会。お店では小銭を消費するためお札と両替をし合う仲だが、今日は事足りているそう。「ところでチュロスいるかい?」RICH FOREVER とは、例えばブリックレーンマーケットでチュロスをタダで貰えてしまうことを指す。

道中 Peter の仲間たち(食べ物や温かい飲み物を無料で提供する “LIVE WIRE”) に挨拶をして、Dalston Junction へ。北の方には割と日本人も住んでいるようだ。

Jordi a.k.a. Bosche kun と再会してお家へ招いてもらった。Malou との2人暮らしで選んだ家は、家賃月/£1700。国によってお金の強さは変われど、その『価値は同じ』だと思っている。つまり£1は感覚としては100円、では2人で月17万円の家賃を払ってどこに住まおうか。ロンドンの家賃事情は “Crisis” と揶揄されている。

まーしかし、それでもロンドンの家は日本と比べれば充分広い。ポケモンカードのコレクションなどを見せてもらいながら、近くのトルコ料理屋さん “Mangal 1” へ。

Dalston はトルコのコミュニティが強いらしく、良質なトルコ料理が食べられるとのこと。オモシロな店員さんの様子を伺いながらオーダーはお任せ。聞き慣れない料理名と共にフムスやトルコ式のピザ?などが並ぶ。

追加で注文したトルコ式ラザニアが特に美味しかった。トルコ料理は多様なハーブを使う特徴があるように感じられる。しかしロンドンのレストランに来ると、いかに日本の食事のコスパが良好かが伺える。だからその分カルチャーが強く生きているのだろう。

楽しい時間は過ぎ去り、Jordi 邸へ荷物を取りに行ってバス停へ…

おいちょっと待て。

取っ手が逝きました。そんな寂しい表情すんなって。

電話にしてんじゃねー!

この写真にも不思議と哀愁を感じてしまう…バスを経由して無事にCatfordへ到着。一安心といくにはまだまだ先のよう。

それでは、続きはwebで。チーン。
£106.1

– LONDON THE MOVIE –
#STDRUMS / JUST A PHENOMENON (Digest)

-Daily, Travel
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

20180422 HERE – 北海道 day③&④ 〜君をハイテンションにするツアー2018〜

22日 日曜日 お昼頃に尾形氏ご実家にて起床。 東京では道路沿いに住んでいるため、静かな家でぐっすりと眠れた。 北海道ではよく食べられるという、かすべ(エイ)の唐揚げ。 軟骨がとても美味しい。野菜もふ …

Five days running exhibition Day.3 〜20190922 HERE + GRAND FAMILY ORCHESTRA 〜HEREの心を燃やせツアー〜 大阪寺田町 Fireloop編〜

9月22日 大阪も4日目。エセ関西弁の芽が出てしまっているような気がする。 さて、仕事としてのモードにスイッチを入れる。 ヨナル邸にお世話になるのも今日まで。 毎度毎度手厚いご歓迎に心から感謝。 最後 …

THREE DAYS IMPRESSION: “DRUMSHED SPECIAL 10” 〜東京を弾む夜編 20211211〜

昨夜は NONMALT + タテタカコ のツーマンでDJを担当。 回想と共に11日 土曜日を始める。 昨日流した Poly Rythomo のbandcamp リンクをウエダテツヤへ送る。 すると上々 …

20210721 #STDRUMS + DAI + SPYCO + HARU(GARORINZ) + URANOS + AKIMANG 2 + TAKUYA HIRAKAWA ~RICH FOREVER TRIP 2021『夏のクリンピック』~ 福津スタジオクゥー

荷物を纏めて12時ごろにヒロシくんと合流。 彼の営む喫茶うらのすは、カレー屋さん『スリランカ』としてお昼も営業中。 機材を積み込むついでに本場スリランカ人の従業員が作るカレーをご馳走になる。 煮干しが …

01/10/2022:#STDRUMS + nakaitoshifumi + タートルテイル at 苫小牧 SEEDs #RBJT2022

2022年10月1日(土) (この日は OFFICE RICH FOREVER から始まる) 4:22 … 起床。 5:05 … 外出。 6:00 … ntより連絡 …

Archives