METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Travel

条件揃い週末の Brick Lane / KNOSIS in ROUNDHOUSE / #STDRUMS U.K.TOUR 2023

投稿日:2023年11月7日 更新日:

04/11/2023 (Sat)
少し落ち着いた週末。13時過ぎに家を出て、バスでゆっくりと Brick Lane を目指す。

荷物置き場が空いていたのでこのような状態で北に進むものの、パレスチナのデモやサッカーが重なり道路が麻痺。結局行き先が変わって乗り換えを余儀なくされ、Brick Lane に着いたのは15時過ぎ。もう週末の長距離バスはやめよう。バスの隣にいらしたマダムは世界をじっくりと俯瞰して見ており、器の深さに神通を感じた。

土曜日の Brick Lane はやはり少し静か。19時頃には人通りも無くなりバスキングを終える…と、ポウゥから共演の提案を受けた。いつも楽しそうに自分の演奏を聴いてくれる相手なので無碍にもできない。しかし街は冷え込んでおり、待つのも一苦労という状況。

一時的に仲間が集まりその場を凌いでいたが、1人で留まるには流石に限界あり、近くのパブへ避難。土曜日の夜で混雑する店内のDJブースを見ると、日本人らしき方が回している。すると「日本人デスカー?」と元気なポーランド出身の女の子。

だから「今日があった」のだな。事情を伝えて、一度ストリートに戻りパウゥと30分ほどセッションして、パブへ戻る。地獄の淵から街の宿屋に還ってこれたかのような感覚。荷物もブースの方に置かせてもらい、土曜日の夜にジョイン。

やはり全員ダンスが上手いというか「そういう動き」が自然に出てくるのが1つ1つ驚きなんだよな。ロンドンとは本当に様々な人種・体格・顔付きに溢れている。

アニータとスガイの2人はとても気さくで、日本語講座を開きながら時間を共にする。結局終演の25時まで話し、片付けと共に解散。彼らも家が少し遠いみたいで、次会えるのはいつになるだろうか。エネルギーを沢山分けてもらえた。
£48.8
—-

05/11/2023 (Sun)
9時過ぎに起床。シャワーを浴びて再び Brick Lane。全く無駄なのない乗り換えで11時過ぎに到着。Loty の姿はなく、天候もよい。忘れ物もなし。連日のバスキングで湿気が取れていない荷物を天日干しして、12時からバスキングスタート。

つまり、バスキングのポジティブ条件がはぼ全て揃った1日だった。終盤に集まる人々とのセッションを経て18時まで6時間バスキング。2023年11月ロンドンの状態を直接的に感じることができた。アンプの電池も切れて、やや急ぎ足で荷物を纏めてカムデン方面を目指す。

オンタイムに ROUNDHOUSE へ到着。荷物を預けて(高額) 息つく間もなく KNOSIS のライヴ。

KNOSIS は個人的にも重要なバンド。RFS10・トリプルドラムワンマンにも参加してくれたドラム和馬とRyoさんが再び繋がった瞬間を見届けており、今こうしてハードなヨーロッパツアーにチャレンジしている。

海外でのライヴは大きい規模になるほど、バンド同士の人間関係こそ対等だが、スケジュールや内容には大きな差が生じる。簡潔に言えば最初のバンドは会場全体のサウンドチェックが含まれており、バランスは勿論音量そのものも小さいケースが多い。メインアクトに向けて文字通りの「オープニングアクト」となる。

過酷な条件だが、結成一年も経たずしてこの規模のツアーに参加できる Ryo さんのスピード感にただただ驚くばかり (MCや立ち振る舞いも本当にカッコいい)。日本からツアーに乗り込んでいるバンドがロンドンは ROUNDHOUSE という巨大な会場で人を埋めているのは感慨深いものがあった。

勇姿を見届けて会場をうろついていると「オー!おまえ!最高だったぜ!」バケットハットとロン毛で和馬とシルエットの条件が似ているのであった。最初は説明していたが、件数が多かったたため途中からはジェネリック和馬として立ち振る舞う。「これからも応援してくれよな!」とか伝えてあるので間違ってはないだろう。ダイキ、コウスケくんとも会うことができて任務完了。

ここ最近は座る重心について研究しているため、Stray From the Path の演奏を真横で観れたのは超ラッキーだった。日本サッカーがPK戦で勝てないように (全く詳しくないけど…)、ドラムというエクストリームな肉弾戦で身体の作りが違う人々に挑んでも勝ち目はない。こんな素晴らしいバンド達と一緒にツアーが出来る KNOSIS は本当に最高。Joker に出演しているというリーに出会う。

終演後、機材運びは全て KNOSIS が行うという条件があるらしく、終わるのを待とうにも場所がなく敢えなく撤収。彼らはこれから北へ。今ではすっかり姿を変えてしまった Camden Town の懐かしい風景。改めてバスキングしてみるのも悪くはないな。ポークステーキにて就寝。
£94.8
—-

06/11/2023 (Mon)
オフ。食事・洗濯。#stdrums バスキングの守り神 “タカハシ” もリフレッシュ。


ドラムを始めた友達にパターンの増やし方を伝授。パン消費。GUINNESS。

#STDRUMS【受注生産パーカー2023】予約受付中!
締切:2023年11月16日(木)

#STDRUMS【受注生産パーカー2023】受付開始

それでは、続きはwebで。チーン。

-Travel
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

20170923 #stdrums with Javi and Cosmo in Casa Brixton. London, UK.

昼過ぎに起床。 折角の土曜日にバスキングをと意気込んでいたが、昨夜のパーティを引きずった身体には難しい。 痛い頭を抱えながらシャワーと身支度。 昨日の路上でビーターがいかれてしまったので補修。 下地の …

#STDRUMS live at The Social / ロンドンで見つけた中野 MOONSTEP / #STDRUMS U.K.TOUR 2023

Brixton でのバスキングをきっかけにスタッフの Ben から連絡をもらって今日のイベントに漕ぎ着けた。約2ヶ月半の旅の締め括りに相応しい最後のライヴ。対バンあり、入場無料という理想的な環境。しかしなにか纏わりつく違和感…

20191013 Walking around Sydney city: Town Hall, Opera Hall, Pitt Street. PLINI + Jakub Żytecki + Nick Johnston + Dave Mackay at The Lansdowne Hotel. Australia.

シドニーの日曜日。 お昼頃に起床。今日は行きたいライヴがある。 その時間までAdamと共にシドニー市内へバスで向かおうとなった。 市内まではバスで約50分ほど。 広大なオーストラリアという土地を持って …

18/09/2023 : Modified chair / Busking in Brixton / FINALLY GOT A CD / #STDRUMS U.K.TOUR 2023

9時に起床。少し早めに寝たのが功を奏したか、体力も万全。週末を経て気持ちも落ち着けたように感じる。ブログを作成し、ひとしきりの準備も済ませて wifi を求め向かいのWetherspoon へ…

20170917 #stdrums in Brick lane Markets. Nomadio Community. London, UK.

10時前に起床。 今日はBrick Laneへ向かう。場所取りもあるので早めに動かなければならない。 幸い天気は悪くないようだ。 ブログなど作っていたらあっという間に11時。 食事は諦め、荷造りして外 …

Archives