METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Daily Travel

22/09/2023 : Busking in Highbury & Islington, Dalston Junction / #STDRUMS U.K.TOUR 2023

投稿日:2023年9月23日 更新日:

10時ごろに起床。昼は晴れているので、この時間帯にバスキングをやればいいのだろうかな…。

椅子に使っているレモン箱もだいぶヘタってきており、メンテナンスのついでにハイハットへ食用油を挿すと、スプリングが外れてしまった。支えとなっていたワッシャーが劣化した模様。分解して必要な部品を探しに外へ出る。

なんとかなりそう。

頭を切ってワッシャー代用。今回のツアーで持ってくれればそれでよい。(と言って壊れるまでそのままにしてしまう…)

来週に発表されるイベントの詳細詰めなど作業を進める。シチューの余りと、サンドイッチを作って夜に向けての準備。

16時に外出。天気はまだいい…もうすっかり信用できなくなっている笑。

バスから電車に乗り換えると、灰色の重い雲の方角に自ら突っ込んで行く始末。まさか本当に到着のタイミングで降られるか…。

Highbury & Islington に到着したタイミングで雨が止んだ。金曜日のこの瞬間を逃すわけにはいかない。bandcamp 経由での QRコードを持ってきたが、Paypal のコードにすればよかったな…。

念願とも言えるバスキング。反応も上々、この場所は縁石に座る人々がいつも友好的で楽しい。

Ferrish 現る。

ロンドンでの路上ライヴは GUINNESS 8缶パックが手に入ります。(極めて稀な現象)

20時ごろに雨が降ってきたので、休憩ついでに隣のパブで一杯。”G” の横ラインまで一服で辿り着くゲームは去年 Islington で教えてもらった。

1時間ほどして外へ出ると天気は保たれている。金曜日の夜にまだチャンスを感じるが、ここよりも人が集まっていそうと Ferrish の提案で Dalston へ移動。駅前でセッティング開始。

直ぐ近くに住宅があり止められる心配もあったが問題なく、飲みに行く集団、酔っ払い、付き纏い、夜のロンドンらしい盛り上がり。22時を回ってもやれる場所を見つけられたのも大きい。やはり北の OVERGROUND 沿いはドラムとの相性がよい気がする。

自身の表現を通じて街や人と繋がり、生活費を稼ぐロンドンでのバスキングは「自分のやりたいこと」であり、ゆえにドラムソロという選択肢に至ったのだった。#stdrums は街に響く音楽を作ってきた。生きる喜びと価値を見直すため、人々から施される運だけを頼りにこの地へ来ている。

23時ごろに終了。居続けた男に対して「イイヤツだけどギャングと犯罪に強いトラウマを抱えている」と、一蹴せず話し続けていた Ferrish。自分にはまだまだコミュニケーションの広さが足らない。

Canada Water からバスで帰宅。スープにスパゲティーを入れた夜食でシメ。ようやくしっかりとバスキングができて安堵。週末も天気が保ってくれることを祈るばかり。

それでは、続きはwebで。チーン。
£132

– LONDON THE MOVIE –
#STDRUMS / JUST A PHENOMENON (Digest)

-Daily, Travel
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

22/10/2022:#STDRUMS + nakaitoshifumi + ILLUMINATI at 沖縄SLAM BAR #RBJT2022

2022年10月22日(土) (この日は我那覇邸から始まる。) 10:30頃 … 起床。 11:08 … 突如開催される我那覇先生のヒール・トゥー教室。 11:30頃 … 朝食。猿田彦コーヒー。 12 …

02/10/2023 : Fixing, Modifying, Walking… / #STDRUMS U.K.TOUR 2023

『パイプに固定ができて何か腕が伸びているマテリアル』を探し続けてロンドンで辿り着いたのが自転車のリフレクター。遂にiPhone ホルダーが完成。これで必要なときにスネアをノーミュートにもできる…

最後の仕事 / 私がロンドンに来る理由 / It’s such a perfect days… / #STDRUMS U.K.TOUR 2023 最終回

Mark Charig のコルネットが響き渡ると同時に、旅の終わりを認識した。ど真ん中も真ん中を突き刺すそんな曲は、忘れかけていた大切な気持ちを思い出させてくれた…

THE LAST BUSKING with Cosmo crew at Brick Lane / #STDRUMS U.K.TOUR 2023

これまで出会ってきた仲間はドラムに反応してくれているため、必然的にミュージシャンが多い。しかし Cosmo はビデオグラファーだ。そんなアンテナを持つ男と一緒に出来ることはなんだろうか。今季ツアーで感じたロンドンの変化…

RICH FOREVER TRADITION 2023 完遂御礼

情報が先行する現代。相手への理想像を一方的に押し付けるようなディスコミュニケーションの日常で『俳優×音楽×映像』の即興ライヴとは、イメージできる枠組みから外れ、何が起こるかわからない “刺激” を求めたものだった…

Archives