METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums Travel

26/11/2022:#STDRUMS + nakaitoshifumi + sugarman at 仙台FLYING SON 〜配置〜 #RBJT2022

投稿日:2022年11月27日 更新日:

轟音渦巻く渋谷での饗宴を経て週末に向けての準備。ご当地お土産風ピンバッジは売り切れ、第三弾の近衛兵バージョンが販売開始。第二弾の時点で同時注文していた、バックトゥーザ・フューチャーよろしくの先読み展開である。

カラスミも仕入れ完了。

RICH FOREVER Tシャツの限定カラーもご好評。

22日のライヴで若いスティックが何本か折れたため、廃スティックキーホルダーを歩留まりよく製作できた。

11月26日、午前中に3人で集合しての移動。次第に晴れやかな青空が雲間から見えはじめ、道中も滞りなく進んでいく。

仙台市内を見渡してアガる PEVO 1号さん。あれ、なんでこんなところに…?

14時に会場へ到着。熱気に溢れる佐々木店長との挨拶も済ませサウンドチェック。共演にバンドがいるためドラムの位置は演目で入れ替える。これまでのツアーで流れを掴んできたのか、スムーズに進行し随分と時間を余らせる結果となった。というわけで半田屋へ。写真がないため曖昧な記憶。

会場へ戻れば sugarman が入念なサウンドチェックを行なっている。物販設営も済ませて開演。

気分
落ち着いている。ノイズ。

ギグ
sugarman : FLYING SON でのライヴでは必ず関わってもらっている盟友。今日はパーカッションを加えた特別編成での初ライヴ。繰り返している自身の及第点を無難に見せるのではなく、常に実験を続けていく姿勢が表現者として正しい。アレンジされた楽曲には原曲に気付くものもあり、生暖かい景色に鋭いビートとランダムに鳴るシンバルに油断していると、突如ギターは狂気の如く掻きむしられ、Vo:モンちゃんの内なるマッドネスが眼光鋭くフロアに突き刺さる。FLYING SON という実験室が生み出した音楽が存在していた。

nt:四国辺りで即興的に始まったOrand セッションにも随分味が出てくるようになった。誘導されるように入場。nt のアドリブも冴えている。ハイトーンを多発する札幌から始まったツアーの最終日、低音を組み合わせフローを操り喉への負担を回避。現場を重ねて強度を増した仕上がりとなったステージであった。count のキメに我々の集大成が在る。PEVO 1号急遽参加。ポリリズムのシャボン。仙台の地で「カメイ」の名前を出すことに躊躇がないMCにも感服。

#STDRUMS:ノイズに苛まれながらの転換を経てステージへ。LINKED へのアプローチは今ツアーのテーマとなった。差し引き・バランス・ダイナミクス。福岡で体験した Pino Palladino とこれまでのフィードバックを経て、最適解をトラックと共に見出していく。録音にモンちゃんらしき「進化してるねぇ」という声が入っており、そういったフロアの深度がステージに新しいアイディアを投げ掛けてくれるのだ。LETTER YELLOW は今年4月の「初演」が音源に収録されている。動かないフロア前列と爆裂に踊り狂う後列という『逆転配置』は仙台に通い続けてきた結果とツアーが入り混じった結果となった。アンコールあり。

23/04/2022:アイヘイトプール vol.4【#STDRUMS + sugarman + kokyu + モアモアズ】at 仙台FLYING SON

(初演の記録。)


RICH BUDDIES JAPAN TOUR 2022 全日程完遂。ここまで辿り着けたのは集まって頂いたオーディエンス皆さまのお陰に他ならない。最終日が仙台となったのは偶然であり、この場での現象が繋げた必然。ライヴハウスでは昨日も・明日も明後日もイベント(実験) が繰り返されていることを覚えていて欲しい。心からの感謝と共に、こうして振り返ることでいま私の次のステージが徐々に明確化されてきている。

sugarman Dr:山田が一番参加したかったであろう打ち上げ不参加を受けた以上、本気でやる(BATTLE)しかない。終演後物販を経て移動。モンちゃん(10万円下ろした男)とnt(ロックスター) はすっかりブラザー状態。MC を真摯に受け止めてくれた皆さんに感謝。2軒目まで大盛り上がりを見せて曖昧な記憶。リッチフォーエバーとは例えば、共演してくれたバンドの物販が売り切れた状態を指す。

こうして翌日スマートに都内へ帰還(運転ありがとう御座いました)。よろよろと自宅へ戻り布団に入ったその刹那、1本の電話が鳴ったのであった…。Thank you for comming RICH BUDDIES JAPAN TOUR 2022 and Thank you nakaitoshifumi a.k.a. my best buddy.

それでは、続きはwebで。チーン。

#STDRUMS – SATURATIONS (with 原昌和 / the band apart)

-#stdrums, Travel
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

#STDRUMS【完全アナログレコーディング & UKプレスレコードアルバム製作プロジェクト】クラウドファンディング・スタートしました!

というわけで、とうとう始動しました。 #STDRUMS 完全アナログレコーディング & UKプレスレコードアルバム製作プロジェクト https://camp-fire.jp/projects …

27/06/2022:Day off / compose for 29 / #STDRUMS U.K.TOUR 2022

水曜日のライヴに向けてそろそろ選択をしていかなければならない。諦めることなくギリギリまで作業できてしまうのはソロの利点であり煮え切らなさにも繋がる。 昨日のバスキングが腰に影響を及ぼしている様子。流石 …

20190616 #stdrums in Brick Lane Market. Whetherspoon, Liverpool Street. Churchill’s. London, U.K.

確か朝の7時頃。 気がつけば誰もいなくなっていた。 帰巣本能のような形で一旦ベットへ。 10時にアラームで目覚める。おお…これは眠い…。 昨日の宴を片付けて12時過ぎに家を出る。 日曜日はBrick …

20180612 Compose… #stdrums in Oxford Circus, China Town, Leicester Square and Covent Garden. London. UK.

午前中に起床。 引き続き作曲を念頭に置きつつ食事。 キッチンには陽気なMarc。 うーむ。何故こうなった。 (断れなかったからだよboy…) 疲れはまだまだ取れていないらしい。 うっかりウトウトしてし …

20181015 #STDRUMS + RONZI(BRAHMAN) + MAH(SHAKALABBITS) + BECK(FOUR GET ME A NOTS) + Akira(FILTER) + Kotaro(NoLA) + Yonashiro(SABANNAMAN) + SASAMORI(DRADNATS) 〜Hateful Monday〜 東高円寺二万電圧公演

HERE東北ツアーを終えて月曜の朝方に帰宅。 昼頃に起きてブログ等の整理を進行させつつ準備。 個人練習も入りたかったが時間が上手く合わずに断念。 17時過ぎに二万電圧へ到着。 フロアへのセッティングか …

Archives