METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

Daily

20171031 HERE + SaToMansion + GRAND FAMILY ORCHESTRA + Outside dandy + deronderonderon ~君をハイテンションにするツアー~ 群馬club FLEEZ公演

投稿日:2017年11月1日 更新日:

朝は目覚める気配も無く。
ほらな。やはり無理であったか。
フリー朝食の時間を終えた9:30過ぎに起床。
トースト食べたかったな…。

さてお風呂に浸かってチェックアウト。
これから二日酔いが来そうな体調だ。つまり絶好調。

意外とハコへの入り時間が早かったため、
ほぼノンストップで南下。
この2回のライヴで若干の余裕もできてきたので、
“土壇場READY GO”をやってみないかという提案。
MOTORHEADを掛け合わせた様な爆走ロックンロールソングだ。
車内で暫く1曲をリピートしてもらい曲を頭に入れる。

14時頃に群馬は高崎club FLEEZへ到着。
高校生の頃、まだインターネットがいいバランスだった時代。
メタリカのスネアを使っているという理由で
仲良くなったバンド”A.I.D”のライヴを観に来たことがある。
後にこのバンドのベース氏が突如脱退して、
1日で曲をコピーしてベースを弾いた記憶も…。確かTRUST55か?
(メンバーのお名前が思い出せない…ドラム氏は”FOUR”でも叩いていた)
このツアーは10年以上の記憶を刺激しまくってくれる。
皆無名だった。だけd

HEREは機材運びも一苦労であるが、天才club FLEEZは運送業者が使うようなカートがある。
運び入れて早速サウンドチェック。良質な会場の広さ。
早速車で覚えた”土壇場READY GO”を土壇場音合わせ。
ツーバスの際に機材が全部揺れて動いてしまう以外問題無し。
耐久性に感心していたLERNIスティックもいよいよゾンビ化してしまった。
外音も良好のよう。本日もいい予感しかしない。

club FLEEZといえばカツ丼らしい。
歩いて5分ほどした場所にあるお店。
しかしどうやら14時まで(!)らしく、既に店じまい。
次は入り前に来ることを誓う。
我々は隣の定食屋「鞘鶏」へ。こちらも充分に美味しいらしい。
ランチののれんが掲げられていながらも、閉店までずっと同じというサービス。
リーズナブルな価格帯で思わずボリュームセットを注文。
そのボリュームたるやスパイナルタップで言うところの11であった。
尾形氏は歌もあってかギブアップ。確かにステージ上でファンタジスタされても適わん。
コーヒーまでサービスしてくれて素晴らしいお店であった。
ツアー百戦錬磨のHEREが言うことに間違いなし。
何よりBGMで突如とStairway to Heavenが流れた時点で無敵だ。皆無名d

ハコへ戻るタイミングで蓄膿症らしき痛みが出てきてしまいながらも開演。

10月31日(火) 群馬club FLEEZ
『YOU GOT 超 HIGH TENSION』Release Tour
~君をハイテンションにするツアー~
HERE
SaToMansion
GRAND FAMILY ORCHESTRA
Outside dandy
deronderonderon

昨日から帯同しているSaToMansionとOutside dandy.
贔屓目と言えばそれまでだが、仲良くなったメンバーのライヴはより楽しい。
個人的な思い入れ・偏見こそが音楽の好みにおいて重要なこと。
編成のポップさと曲のキャッチーさがフロアを乗せるderonderonderon.
4つ打ちだらけな故、keyアキちゃんの歌うゆったりとした曲が印象的であった。
的確なスキルと抜群の歌唱力、アイディアも豊富で飽きさせないGRAND FAMILY ORCHESTRA.
そして我々HERE.
サポートが決まってから結構なスケジュールであったが、
この3公演が近くにあってくれていたからこそ、どんどん煮詰められたように思える。
遊べる箇所・締める箇所の線引き。メンバーの好みや置きどころ。
濃縮したように同じ時間を過ごせたのも大きい。
“土壇場READY GO”も無事にMOTORHEADすることができた。
セッティングから演奏中のマイキング調整までしてくれたかるび君にも感謝。


(自分の写真も撮って頂きました〜。)

終演後は物販。#stdrums の今回入荷分CDも無事売り切れ!
ありがとう御座います!次はもっと持ってきます。
群馬在住天候ちゃんも来てくれて久し振りにバカ話。
機材撤収後はハコ内で打ち上げ。
MOTORHEADの勢い劣らず、Lemmyジャックコークをガツガツ飲んでいく我々。
昨夜に引き続きOutside dandyの皆とワイワイ。
どんどん新しい繋がりができてゆくのもツアーの醍醐味。
楽しいイタリア語講座をカマして24時過ぎに解散。


(ドラマーの皆さんと1枚)

と、終わるわけも無く帰りの車へ買い出して追い打ちのみ。
(運転すみません…)
少し飲み過ぎてしまったか…「打ち解けてきた」ということで笑。
こうして怒濤の3本ライヴを完遂。
次に向けて早々に動き出すのであった。
ご来場頂いた皆さま、ありがとう御座いました!

【君をハイテンションにするツアー】
10/31群馬・高崎FLEEZ
11/11大阪・天王寺FIRELOOP
11/12愛知・新栄CLUB ROCK’N’ROLL
11/17東京・学芸大学MAPLEHOUSE
11/23北海道・札幌SPIRITUAL LOUNGE
11/24北海道・札幌SPIRITUAL LOUNGE
11/29東京・渋谷CLUB QUATTROワンマン

人力ドラムンベースソロ #stdrums Shetuze’s Clear
ストリートからライヴハウスへ向けたミュージックビデオ第一弾を公開!
シェア・リツイートして頂ければ幸いです!
http://stdrums.rerure.com

それでは、続きはwebで。チーン。

-Daily
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Five days running exhibition Day.4 〜20190923 HERE + YELLOW STUDS + GRAND FAMILY ORCHESTRA 〜HEREの心を燃やせツアー〜 名古屋CLUB ROCK’N’ROLL 編〜

9月23日 清掃の呼び声で起こされる。 あれ、以前からこんなんだっけ…。 どうやら暫く来ない間にシステムが変わっていたようだ。 少し待ちぼうけしつつ、12時前に全員揃っていざ名古屋へ。 眠い理由は言わ …

20180324 HERE 〜君をハイテンションにするツアー2018〜 大阪天王寺Fireloop ワンマン公演

朝6時に起床。 先日の雪を最後に季節は春へ向かっている気がする。 何故が左膝に若干の痛みを感じつつ集合場所へ。西を目指す。 3月末というのは道路が混み合うものらしい。 これまでの遠征ではあまり感じたこ …

カメラロールで振り返る【空白の3ヶ月】2019年5月編

カメラロールで振り返る【空白の3ヶ月】2019年5月編 前提:更に各連絡・発注・デザイン・文章作成作業が付きまとっている。 5月1日 #STDRUMS & DEEPCOUNTでの西日本ツアー …

20180311 HERE + キノコホテル + 騒音寺 + 私の思い出 + 首振りDolls 〜魔界大宴会“通算四十宴会開催記念大会”〜 京都METRO公演

予定よりやや遅れて福岡を発ったHERE号。 片手にはとりかわ大臣での余った焼酎ボトル。 左には壱くんa.k.a.横たわる肉の塊。 闇夜を東へ駆け抜ける。 明日にも備えて仮眠しておきたいところ。 しかし …

20180107 HERE みそフェス2018 名古屋APPLO BASE 公演

朝7時前に起床。 今日もライヴが始まる。 気付けばHEREとサポートで関わらせて頂き2ヶ月以上が経とうとしている。 朝に集合して東へ西へ向かう流れにも慣れてきた。 快晴の元、ご機嫌な富士山の麓を横切り …

Archives