METAL TRASHING FIT II

by Yuji "Rerure" Kawaguchi #STDRUMS

#stdrums

RICH FOREVER SEMINARとは?Vol.8▶︎ #STDRUMS + RUINS + レトルノセ(ナカムラルビイ × ユージ・レルレ・カワグチ)

投稿日:

LAST UPDATE : 2020年1月11日

2020年3月20日(金・祝) / 渋谷RUBY ROOM
【RICH FOREVER SEMINAR vol.8】

#STDRUMS
RUINS
O.A:レトルノセ
(ナカムラルビイ × ユージ・レルレ・カワグチ)

◆入場者全員に特製CDプレゼント! (非売品)

OPEN -18:30 START -19:00
ADV -2000yen DOOR -2500yen

ベース&ドラム・デュオのオリジネーター【RUINS】が遂にRFSへ登場。#STDRUMSとのツーマンライヴで過大に衝突する!更にナカムラルビイとレルレの即興セッション【レトルノセ】がオープニングアクトで出演。フロムユーチューブの2人組が渋谷の一角を宇宙で塗りたくる!

◎送料無料!特製プリントチケット購入 or 予約:
http://www.rerure.com/blog2/ticket

チケット購入のクレジットカード決済ご希望の方はコチラ:
https://stdrums.bandcamp.com/merch/rich-forever-seminar-vol-8-special-print-ticket-free-shipping

RUINS
1985年結成 吉田達也(Dr/Vo)、増田隆一(Ba/Vo)による2人組 LIGHTNING BOLTをはじめ、多くの2人組バンドのフォロワーを生み出した元祖ドラム&ベース・デュオが遂にリッチフォーエバーセミナーへ登場 先読み不可能・複雑怪奇かつどこかキャッチーな楽曲は唯一無二という言葉以外当てはまらない 必聴必見

オープニングアクト:レトルノセ
ナカムラルビイ(エフェクター過剰テナーサックス)、ユージ・レルレ・カワグチ(ドラム)による即興セッションデュオ 集合時間すらルールを持ち合わせない極端な思考の極端な二人が織りなすコズミックプログレス・アンド・アンビリカルデストロイ 初ライヴのこの日、渋谷の一角にて新たなる創造が始まる

ナカムラルビイ
1996年1月10日生まれ 人々にヌミノースを与えるべく、音楽的手法を用いている思想家 合法薬物バンド『酢酸カーミン』『Freaky Style Loca』の活動をはじめ 『AUTO-MOD』『柳谷睦とラットボーンズ』にてT.Saxを担当(準構成員) はるな愛監督作『mama』劇中Sax担当 テナーサックスをひっさげて多方面にて活動中

#STDRUMS
路上ライヴで世界各国を渡り歩くユージ・レルレ・カワグチによるソロプロジェクト 英国の地下鉄車内でゲリラ演奏をしたMVで話題沸騰 2019年6月にレコードアルバム ”LOTUS ROOT” をリリース ドラムンベースを主体に、ワンステージで一生分のドラムを縦横無尽に叩き尽くす ドラムが歌う新感覚ミュージックを目撃せよ

———-
2018年5月3日からスタートした
#STDRUMS presents “RICH FOREVER SEMINAR”
企画の意味を伝える記事です。
音楽・エンターテイメントが好きなら “RICH FOREVER SEMINAR” に集まるべき理由。

発端は2017年へ遡る。
イギリスの路上で出会ったのを切っ掛けに、
ストリートでの度重なるセッション。アルバムの共作。
車1台での4000km以上のヨーロッパ横断ツアーを経て、
とうとう日本へもやってきたUNDERGROOVELAND.
ロンドンでのストリートシーンと日本のライヴハウスが繋がった瞬間だった。

彼らを迎えて行った”RICH FOREVER JAPAN tour 2017″は
【ロンドンからやってくる彼らに、日本の素晴らしいバンドを観て・共演してもらいたい】
そして
【中身と説得力があるホンモノの音楽・表現が、ましてやこの距離間であるのを
少しでも多くの人に体感してほしい】

というコンセプトを持って開催されたツアー。
#STDRUMS もストリートからライヴハウスへシフトチェンジする重要な節目ともなった。

#stdrums でツアーを行う意味とTシャツ・CDプレゼントの理由

ロンドンのストリートを中心に活動するジャムファンクバンドUNDERGROOVELANDと
#STDRUMS による人力ドラムンベース。
ここにジャパニーズハードコア・メタルバンドの最高峰といえるバンドが共演。
この時点で実に振り幅ある出演枠だが、
同じくバスキングの道を極める者やジプシーサウンド、シンガーソングライター。
追加公演にはアイドルや歌謡ロック、アヴァンギャルドなサウンドも総合した公演となった。

誰も知らない無名海外バンドの来日にも関わらず大成功を収めたツアーとなった理由は
「想定外」が発生していたからである。
良質な出演者・オーディエンス・ライヴハウスのお陰で
オーガナイザーの範疇を越えて「イベントそのもの」が舵を取り、
素晴らしい内容に「なってしまった」から面白かったのだ。
何が起こるかわかない。
例えば話をしていて、偶然隣の人と同じ言葉を発するときがあるだろう。
サプライズとは人に新鮮な衝撃を与えるのだ。

“RICH FOREVER SEMINAR”
UNDERGROOVELANDとのツアーを経て実感した、RICH FOREVERを引き継ぐ確固たる答え。
素晴らしい内容に「なってしまう」瞬間、空間に居る全員が分かち合う喜び。
内容も世代も目指すものもデコボコでバラバラだから新鮮で面白いのだ。

会場は渋谷RUBY ROOM.
この自由な空間はまさにヨーロッパ・海外のハコの雰囲気に近い。
手間隙掛けられ、音楽と並列に価値が見出されているドリンク。
音楽とお酒を愛する人に相応しいライヴハウスと言えよう。
簡素なPAシステムは演奏者の手腕が試される、視点を変えればシビアな空間でもある。

更に当日は出演者収録のコンピレーションCDをプレゼント。
ライヴハウスを知らない人が気軽に来れるように入場料への敷居を下げたい。
そこで出た答えがお土産付きのイベントだった。
未発表・ライヴテイク等のレア曲満載の必聴盤。
この日ライヴで得たインスピレーションを家に帰っても回想しながら楽しめる。
ジャケットや盤面のデザインは全て手刷りにてD.I.Y製作。
この1枚を手に入れるだけで入場料分の価値がある、カスレ・汚れありの1枚。

フライヤーはデータではなく印刷しての発行。
手作りの特典CD。
そして、前売りチケットも勿論用意されている。
高級和紙を使用した・ミシン目まで手で入れている特製プリントチケット。
スクリーン上で済んでしまう時代だからこそ、モノの価値に向き合いたい。
“RICH FOREVER SEMINAR”は文化事業である。
特製プリントチケットご希望の方は送料無料にてお届け。

世の中「素晴らしいもの」と「知名度」の比率が釣り合うことは稀である。
「素晴らしい」とは個々が持つ感性であり
「知名度」とは共有に依るものだからだ。

僕の力では認知が明らかに足りない。
どうか、このブログを読んで下さった方は、是非ライヴへ足を運んでみて欲しい。
難しければこの記事を広めて下さるだけでも本当に嬉しい。
必ず新しい発見に出会える確信がある。

こんな真っ直ぐな情熱に満ち溢れた企画はそうそう無い。
音楽オタクが音楽好きへ送る最高のエンターテイメント。
新しい「カッコいい!」を伝える文化事業。世代を繋げる架け橋。
これが “RICH FOREVER SEMINAR” に集まるべき理由である。
オレは真実を知っている。
「未知なる可能性」が待っているセミナーへようこそ。
導かれし者はリッチフォーエバーを手に入れる。

2020年3月20日(金・祝) / 渋谷RUBY ROOM
【RICH FOREVER SEMINAR vol.8】

#STDRUMS
RUINS
O.A:レトルノセ
(ナカムラルビイ × ユージ・レルレ・カワグチ)

◆入場者全員に特製CDプレゼント! (非売品)

OPEN -18:30 START -19:00
ADV -2000yen DOOR -2500yen

– PAST RICH FOREVER –

#STDRUMS NEW LP “LOTUS ROOT”

2019年、究極の時代逆行…デジタル機器を一切介さない【完全アナログレコーディング】+ 最強音質の【イギリス製レコード盤】を【クラウドファンディング】の資金で製作したフルアルバム『LOTUS ROOT』が遂に完成!アナログでしか作れない超生々しいサウンドに、全編ドラムソロともいえる爆音ドラミング・人力ドラムンベース!更にB面は豪華ゲストによるコラボサイド。幅広すぎる楽曲達が不思議と色鮮やかに足並みを揃えている様子は、THE BEATLESのWHITE ALBUMを彷彿とさせる。この時代だからこそレコードプレイヤーに乗せて聴くべき、懐深い名盤の完成。

それでは、続きはwebで。チーン。

-#stdrums
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Five days running exhibition Day.5 〜20190924 #STDRUMS + UHNELLYS + URBANフェチ + フルー 〜SANDWICH PROJECT.〜 渋谷HOME編〜

9月24日 この感覚。久し振りの我が家だ。 早速セットリストを組み上げる。 パソコンでの編集作業…もう一歩フットワークが軽いといいのだけど。 元が軽過ぎだのだろう。 今日はUHNELLYSとURBAN …

20170916 #stdrums in Williams Ale & Cider House, Liverpool Street. London, UK.

昼頃に起床。どうやら床で寝落ちしていたらしい。 土曜日の昼下がり。路上ライヴのタイミングとしては丁度いい。 準備に取り掛かろうとシャワーを浴びているそのとき、ふと楽曲のアレンジアイディアが浮かんでしま …

20180405 #STDRUMS + Shumking Mansion (from Hong Kong) + The Emmanuelle Sunflower + panaquonpe + neonrocks 〜Shumking Mansion JAPAN TOUR〜 東高円寺二万電圧 公演

昨日は急遽入ったレコーディングから、 奇しくも休憩中にばったり遭遇したカクシンハンの稽古メンバーと飲み。 今回スケジュールの都合で出演できないのが大変悔やまれる。 シェイクスピアという古典を用いりなが …

20190329 #STDRUMS + GOMESS + FFYRTP + HUK! 〜UNIVERSAL CHAOS #2〜 渋谷Circus公演

ドラマーTOSHI NAGAIさんを囲む会で #STDRUMS やらせていただきました〜。 『使っている機材を他の子たちにも見せてあげたいんだよね』というTOSHIさんからのお言葉もあり 1920’s …

#STDRUMS – FUSION PUNK MACHINE EP & MESSAGE from the GROOVES

FUSION PUNK MACHINE EP 「人が一生のうちに聴くドラムの音数」と言えるほど叩きまくった人力ドラムンベース3曲入りEPをリリース! (English below) これまで2枚リリー …

Archives